商業品の寄付と寄付者の費用を修正する義務

Webサイト

近親者による事業活動の中で、商品を使った寄付が行われることがよくあります。このような譲渡には、寄付税が完全に免除されるという利点があります。ただし、これらの商品の購入にかかる費用により、以前に計上された税金費用の観点から、寄付によってどのような税効果が生じるかを考慮する必要があります。

税金としての商品の購入

将来の寄付者が商品を購入するとき、この種の費用はアートで言及されている税金費用であることは間違いありません。 22秒PIT法の1。この規定は、税控除の対象となる費用は、芸術に記載されている費用を除いて、収入を達成するため、または収入源を維持または確保するために発生する費用であると述べています。 23.その結果、特定の費用を税金費用として含めるには、次の条件を満たす必要があります。

  • 納税者が負担する必要があります。
  • 発生した支出と達成または達成可能な収入(収入源)との間には因果関係がなければなりません。
  • アートに掲載することはできません。 23秒個人所得税に関する引用された行為の1つ。
  • 適切に文書化する必要があります。

寄付契約に基づき、資産の所有権は寄付者から受領者に譲渡されます。また、寄付は無料の契約であり、この場合、事業活動の分野で寄付者は収入を受け取りません。

これらの状況では、発生した支出と達成または達成可能な収入との間の因果関係が壊れています。寄付をする時点では、税収の概念が存在しないため、商品の購入にかかる支出は、収入を得るために発生したものとして扱われないことを覚えておく必要があります。

さらに、アート。 23秒PIT法の1ポイント11。ここでは、あらゆる種類の寄付と被害者は税控除の対象とは見なされないことがわかります。これは、税務当局の意見でもあります。たとえば、2014年7月31日の個別判決におけるウッチの税務署長、No.IPTPB1 / 415-247 / 14-5 / MDは、次のように説明しています。

「[…]商品の取得にかかる費用は、寄付者への寄付時に税控除の対象とならないものとします。寄付により商品が引き渡された時点で、購入にかかる費用は、実施されている事業活動とは関係ありません。上記に関連して、寄付の対象となる商品の取得にかかる費用の税控除可能な費用を調整する必要があります。 商業品の寄付の結果として、寄付者の税収はありません。これは、購入時に発生した支出が、税金費用と見なされる基準を満たさなくなったことを意味します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

商業財の寄付-コスト調整

上記は、起業家が商品を寄付する状況では、以前に控除された税金費用を修正することを余儀なくされることを意味します。訂正は、寄付の日に、記号(-)または赤の税収および経費元帳の列10で行う必要があります。さらに、商品の購入時に発生した場合は、列11「購入付随費用」のエントリにも修正を適用する必要があります。

例1。

2019年2月10日、起業家は10,000 PLN相当の商品を購入し、さらに2,000PLNの輸送費と保険料を負担しました。 2019年8月9日、彼は息子に商品を寄付しました。したがって、この日に、彼は列10にマイナス記号(または赤)でPLN 10,000の値を入力し、列11にPLN 2,000の値を入力して、コストを修正する必要があります。 寄付の日に、寄付者は購入費用と購入に関連する付随費用を調整する必要があります。 興味深いことに、寄付があった場合に費用を修正する義務は、商品にのみ適用されます。ただし、固定資産の寄付は含まれていません。これらは一度に費用に含まれませんが、これは体系的な減価償却費の償却を行うことによって行われます。

これは、例えば、2017年4月21日の国税情報局長、No。0461-ITPB1.4511.117.2017.1の解釈によって確認されています。

「また、活動で使用される固定資産(すなわち設備)以外の資産の寄付は、これらの資産の購入にかかった費用をそのような費用として事前に認識することに関連して税控除可能な費用を調整する必要はありません。納税者は、寄付された資産が実際に事業活動に使用され、収入の達成または収入源の保護または保護に貢献したことを証明した場合、納税者は取得費用を税控除の対象となる費用として残す権利を有します。それらを他の人に無料で譲渡したにもかかわらず」。 費用を修正する義務は商品にのみ適用されます。ただし、寄付された固定資産には適用されません。 ちなみに、税務当局の確立された立場に従って、寄付された商品は、受取人の税控除可能な費用を構成しないことにも注意する価値があります。

税務当局は、税額を適格とするための条件の1つが、買収のための納税者による実際の支出の発生であるという事実によって、彼らの立場を正当化します。ただし、寄付の場合は無料での買収を行っているため、費用の発生について話すことは困難です。

これは、2017年12月18日、No。0112-KDIL3-1.4011.315.2017.1.IMの解釈における国税情報局長の意見でもありました。

「要約すると、商品の取得は無料であったため、アートに起因する条件のため、それらの価値は非農業事業活動の税控除可能な費用として申請者によって含まれない場合があります。 22秒個人所得税法の1」。

提示された状況を考慮すると、商品の贈与自体はPIT税の対象ではありませんが、アートの下にあるため、注意する必要があります。 2節法の1ポイント3は課税の範囲から除外されていますが、この種の活動が所得税に関して完全に中立であるとは言えません。この場合、寄付者として活動する起業家は、発生した支出と潜在的な税収との関係が断絶されるため、寄付を行うと商品原価の調整を行う必要があることを覚えておく必要があります。