コロナウイルスと戦うための寄付-募金活動に寄付されたお金を決済する方法

サービス税

ポーランドでのコロナウイルスの流行状況に関連する状況は、2020年の初めからダイナミックなペースで進展しています。それは社会的責任と連帯の時であり、財政的支援の観点からもです。このため、シエポマガ財団は、病院に必要な医療機器と保護対策を提供するというCOVID-19との闘いのための募金活動を組織しました。

事業活動の一環としての起業家と、事業を営んでいない個人の両方がコレクションに参加する可能性があります。ただし、どちらの場合も、そのような寄付を適切に会計処理する方法について疑問が生じます。私たちは以下でそれらに答え、私たちの健康サービスを助けることをお勧めします!

コロナウイルスとの戦いの一環として募金活動に寄付されたお金を決済するにはどうすればよいですか?

公益目標を追求する組織への寄付は、会社の費用を構成することはできません(これは、PIT法の第23条に示されている例外の1つです)。ただし、組織がアートで言及されている公益目的を実施する場合。 3秒公共の利益とボランティア活動に関する法律の第2条と第3条では、年次確定申告の所得から寄付を差し引くことができます。ただし、制限について覚えておく必要があります。控除額の合計は、特定の年に得られる収入の6%を超えることはできません。 2020年に行われた寄付は、2020年の年次PIT納税申告書で差し引くことができます。

誰が寄付を差し引くことができますか?

寄付金は、PIT-O付録のPIT-36およびPIT-37納税申告書を提出する納税者によって差し引かれる場合があります。同様の控除が、所得(金額の最大6%)から、起業家が一括税(税務カードを除く)を使用して行うことができます-PIT-28納税申告書とそれに添付されたPIT-Oで。

寄付の控除は、フラットタックスの恩恵を受けてPIT-36L納税申告書を提出する起業家によっては行われません。そのような納税者は、公立の専門学校への職業訓練のために行われた寄付のみを控除します。

どのような書類を収集する必要がありますか?

寄付金を適切に文書化することを忘れないでください。年次確定申告で控除できるようにするには、支払いの確認が必要です(寄付の目的は、送金のタイトルですぐに指定できます)。送金の際に、迅速な支払い方法(つまり、DotPayやPayUなどの仲介業者のサービス)を使用する場合、税務署は、受取人が発行した寄付の受領を確認するように要求する場合があることに注意してください。 。

実際には、これは寄付をするときに次のことを意味します。

  • 財団の口座に直接-銀行口座の明細書は寄付を確認するのに十分な文書です。

  • 支払い仲介業者経由-銀行の明細書に加えて、支払いの証明には支払い仲介業者(PayU、Dotpay、PayPal、またはNational Payment Integrator)の詳細が示されているため、寄付の受領を財団が確認する必要があります。財団であり、譲渡の目的に関する情報はありません。

証拠目的で寄付契約を締結することも非常に一般的な慣行ですが、それは必要な要素ではありません。 財団のウェブサイトには、現金で受け取ったすべての寄付の確認が、寄付を行うときに提供された電子メールアドレスの寄付者に自動的に送信されると記載されています。この確認は、次のWebサイトでいつでも再生成できます:https://www.siepomaga.pl/zaswiad。

収入からの寄付の控除とその目的

収入からの控除は、芸術に記載されている公益目的の寄付です。以下の目的を含む、公益活動に関する法律の4

  • 困難な生活状況にある家族や人々への支援を含む社会的支援、ならびにこれらの家族や人々に平等な機会を提供すること。

  • 無料の法的支援を提供し、社会の法的意識を高める。

  • 社会的排除のリスクにさらされている人々の専門的および社会的統合と再統合のための活動。

  • 慈善活動;

  • 国の伝統を維持し、広める。

  • 国および少数民族および地域の言語のための活動。

  • 外国人の統合のための活動;

  • 医療活動を含む健康の保護と促進。

  • 障害者のための活動;

  • 失業者で解雇の危機に瀕している人々の雇用の促進と専門的活性化。

  • 女性と男性の平等な権利のための活動。

  • 定年の人々のための活動;

  • 起業家精神の育成を含む、経済発展を支援する活動。

  • 技術の開発、創意工夫、革新、ならびに経済慣行における新しい技術的解決策の普及と実施を支援する活動。

  • コミュニティと地域コミュニティの発展を支援する活動。

  • 科学、高等教育、教育、教育および育成。

  • 子供と若者のための活動;

  • 文化、芸術、文化財および国の遺産の保護。

  • 身体文化の支援と普及。

  • 動物の生態と保護および自然遺産の保護。

  • 州防衛軍とポーランド共和国軍の活動。

  • 人間の自由と権利と市民の自由の促進と保護、および民主主義の発展を支援する活動。

  • 救助と市民保護;

  • 国内外の大災害、自然災害、武力紛争、戦争の犠牲者への支援。

  • 別。

以上のことから、コロナウイルスと闘うための寄付は所得から控除することができます。控除額はその額の6%を超えることはできず、納税者は一律の税率を支払うことはありません。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

PIT-O添付ファイルで寄付の救済を表示するにはどうすればよいですか?

公益活動のために組織に与えられた寄付は、パートBのPIT-Oに示されています。-収入(収入)からの控除-フィールド11(納税者)および/または12(配偶者)。

さらに、行われた寄付の詳細はパートDに含まれている必要があります。-寄付と受取人に関する情報。

フィールド1に、財団の名前、つまりSiepomagaFoundationを入力します。フィールド2(国)にポーランドと入力します。ボックス3。-国コード-これはPLです。ただし、財団に寄付された金額は、フィールド4(納税者)および/または5(配偶者)に入力する必要があります。

次に、該当する控除限度額を含む、行われた寄付の金額を次の形式で入力する必要があります。

  • パートGのPIT-36。-所得/免税からの控除-フィールド198(納税者)および/または199(配偶者)。

  • パートDのPIT-28。-収益からの控除-フィールド75。

  • パートEのPIT-37。-所得からの控除-フィールド108。(納税者)および/または109。(配偶者)。