教育目的の寄付と新しい免税

サービス税

2020年の年次確定申告では、事業を営む起業家は新しい免税を利用して課税所得の額を減らすことができます。新しい救済は、職業訓練を提供する公的機関への寄付に適用されます。教育目的の寄付はいつ、どのくらいの金額で救済の対象になりますか?

職業教育の割引-いつ使用できますか?

教育的救済はアートに従って有効です。 26秒1ポイント9点灯。 PIT法のdであり、芸術で言及されている職業教育を提供する公立学校への寄付に関するものです。教育法の4ポイント28a、および芸術で言及されている公的機関やセンター。この行為の2ポイント4。

職業教育の減税は、一般的な条件で課税される事業活動を行う納税者が使用でき、2019年以降の年次確定申告に定額税または一時金が記録されます。重要なのは、事業を営む状況にもかかわらず、事業活動から得られる所得以外の所得から免税が差し引かれる可能性があるということです。

また、以下の目的で差し引かれる寄付の合計額にも留意する必要があります。

  • 公益、
  • 宗教的崇拝、
  • 献血、
  • 職業教育

特定の課税年度の所得の6%に相当する金額を超えることはできません。

どの施設が割引の対象になりますか?

教育目的で寄付金を控除できるようにするためには、セクター教育の専門職の分類に含まれる専門職の教育を行う適切な公的機関に寄付を転送する必要があります。そのような学校は次のとおりです。

  • 5年制技術中等学校
  • 3年間の第1サイクル産業学校、
  • 2年間の第2サイクル産業学校、
  • 中等教育または中等産業教育を受けている人々のための高等学校で、教育期間は2。5年以内であり、
  • 生涯学習機関、実習機関、および訓練および専門能力開発センターである公的機関またはセンター。知識、スキル、および専門的資格の取得と補足を可能にします。

選択された学校は、他の教育サービスも提供する場合があります。ただし、彼女の教育の主題が上記のリストと一致していることが重要です。 教育救済の一環として会計処理される寄付は、公立学校にのみ行うことができ、職業教育の目的でのみ行うことができます。これは、寄付契約の結果である必要があります。 寄付の対象となる学校は、昼間、学外、または夜間の学校の形で実施される場合があります。この場合、提供される教育の形式は関係ありません。

ダウンロードする:

pdf
年次確定申告での寄付-KISパンフレット.pdf説明:手動による記入

何を寄付しますか?

教育寄付は現金で行うことはできません。寄付の対象は、次のような教材または固定資産のみです。

  • 完全で保守可能であり、
  • 12歳未満です。

納税者がそのようなアイテムを自由に使えるように持っていない場合、彼はそれらの購入のために彼自身の資金を割り当てて、それからそれらを適切な機関に寄付することができます。さらに、寄付契約には、寄付されたアイテムが救済の恩恵を受ける資格がある上記の条件を満たすという情報が含まれている必要があります。

教育目的の寄付と税控除の対象となる費用

寄付は、課税年度の終了後にのみ差し引かれます。アートに準拠。 23秒PIT法の1ポイント11では、行われた寄付は税金費用を構成しない場合があります。場合によっては、この規則には例外があります。ただし、寄付対象の種類によって異なります。 職業教育の手当を利用する可能性は、12年以内の教訓的な資料と固定資産の形での寄付にのみ適用されます。

市販品

起業家が自分の商品を構成するアイテムを寄付の形でさらに再販するために譲渡することを決定した場合、彼は譲渡日に列10KPiRに関連するそれに関連する費用を帳消しにする義務があります。寄付の形で提供される商品は、税控除の対象とならない場合があります。

固定資産

教育目的で寄付することを決定した納税者にとって、完全に減価償却された固定資産を構成するアイテムを寄付することが最も有益な場合があります。固定資産の場合、寄付の形で譲渡する際に、減価償却されていない部分を獲得することはできません。ただし、規制では、すでに償却された費用の一部を償却する必要はありません。したがって、納税者がすでに全額償還された固定資産を譲渡することを決定した場合でも、減価償却された部分は彼の税金費用となり、さらに、彼が必要な条件を満たす場合、彼は取ることができます教育的救済の利点と寄付を差し引く。年次納税申告書で。ただし、救済が認められるためには、寄付された固定資産が12年を超えてはならないことを覚えておく必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

寄付を差し引く方法は?

原則として、教育目的で寄付を差し引くための条件は、事業活動から収入を得ることです。ただし、免税はすべての源泉からの納税者の総所得から差し引かれます。したがって、起業家が複数の源泉から収入を得た場合、(教育目的の寄付が送金されるかどうかに関係なく)納税者は、一般原則に基づいて課税される選択された収入から、定額法で、または一時金で課税される収入から控除することができます記録された収入について。

例1。

起業家スタニスワフは、一時金で課税される事業活動を行っており、雇用契約に基づいて追加で雇用されています。 2019年、彼は自分のビジネスで使用した固定資産を寄付しました。年度末以降、営業利益は少ないことが判明しました。起業家は雇用関係からの収入の救済を利用できますか?

はい。活動は一時金で課税されるという事実にもかかわらず、納税者は、一般的な条件で課税されるフルタイムの雇用に基づいて得られた収入から教育手当を差し引く権利があります。その後、救済は年次PIT-28納税申告書で決済されます。 寄付の価値は、その技術的条件を考慮して、アイテムの市場価値に基づいて決定する必要があります。

教育目的の寄付は、年次確定申告PIT-36、PIT-36L、またはPIT-28で決済できます。寄付の金額、差し引かれる金額、および受取人のデータは、PIT / O付録に追加で示されている必要があります。年次宣言。

さらに、寄付者は書面による寄付契約を結んでいる必要があります。この契約には、契約の当事者を特定するデータ、寄付の価値、および受領者による寄付の受諾の宣言が含まれます。