海外からの家族への寄付-ポーランドでは課税対象ですか?

サービス税

寄付、特に現金に関連する寄付を行うのが一般的な方法です。ただし、受信者が常にポーランドに居住しているとは限らないことに注意してください。それでは、海外に永住している家族への寄付は、相続と寄付に対するポーランドの税金の対象になりますか?

寄付の場合の課税範囲

寄付の課税に関連するすべての問題は、遺伝および寄付税に関する法律で規制されています。最初に、アートに従ってそれを指摘しましょう。法第5条では、財産および財産権の取得者に納税義務が課せられています。これは、寄付契約の場合、寄付者ではなく受領者が、起こりうる税金の和解に対して責任を負うことを意味します。ただし、アートで述べられているように。 6秒法の1ポイント4では、寄付者が公証人の形で宣言を提出したとき、および所定の形式なしで契約が締結された場合、寄付に対する納税義務が発生します-履行の瞬間に約束された利益;寄付の対象のために、規定が両当事者の申告のための特別なフォームを要求する場合、そのような申告を提出する時点で納税義務が発生します。

しかし、課税自体の範囲に移りましょう。まあ、アートに示されているように。 1節法の1ポイント2、相続および寄付税は、ポーランド共和国の領土にあるものの所有権またはポーランド共和国の領土で行使された財産権の自然人による取得の対象となります。寄付。

上記の決定の重要な要素は、ポーランドに所在し、実行される財産および財産権の取得が課税の対象となることです。寄付契約の締結時点で、資金とその支払いの可能性のある請求の両方がポーランドにあり、そのような寄付はポーランドの税務署で課税されると想定することができます。

また、アートの内容で確認されています。法の3ポイント1、ポーランド共和国の領土にある動産の所有権またはポーランド共和国の領土で執行の対象となる財産権の取得には税金が適用されないことが示された場合取得日は、取得者、テスター、ドナーのいずれもポーランド市民ではなく、ポーランド共和国の領土に永住権または居住地を持っていませんでした。

結果として、ポーランド共和国の領土から行われた寄付は、その締結時に契約の当事者のどちらもポーランド市民でなかった場合、またはポーランド共和国の領土に永住権を持っていなかった場合にのみ課税されません。 。除外条件が満たされない場合は、受け取った寄付の範囲内で納税義務が発生することを考慮に入れる必要があります。

例1。

ポーランドに永住しているポーランド市民は、ポーランド市民権を持っているが英国に永住している息子に現金を寄付しました。このような寄付はポーランドでは課税対象です。

例2。

ポーランドに永住しているドイツ市民は、ポーランドの市民権を持ち、オランダに永住している甥に現金を寄付しました。このような寄付は、ポーランドでも課税対象となります。

例3。

ポーランドで休暇中のインド人が、アメリカに住む娘に寄付をしました。娘はポーランドの市民権を持っていません。この寄付はポーランドでは課税されません. ポーランド共和国の領土から行われた寄付は、その作成時に、寄付者も受領者もポーランド市民権またはポーランド共和国の領土に永住していない場合を除き、ポーランドで課税されます。

海外からの家族への寄付-居住税

寄付の課税範囲に関する規定は、居住地の基準に言及しているわけではないことに注意してください。課税の前提として、ポーランドの市民権またはポーランドの領土での永住権が言及されました。

その結果、寄付の課税の問題は、納税者が居住している国から完全に独立しています。したがって、この場合、アートに記載されている状況は考慮されません。 3秒PIT法の1a、つまり、重要な利益の中心、または特定の国に1年に183日以上滞在すること。これらは、寄付に対する税金ではなく、所得税の分野での納税義務を決定するための重要な状況です。

この位置は、アートの内容によっても確認されています。 2節個人所得税法の規定は、相続税および寄付税の規定の対象となる歳入には適用されないことを私たちが読んだPIT法の1ポイント3。 寄付の課税範囲は、PIT法の規定に基づいて決定された居住地から完全に切り離されています。その結果、受け取った寄付がポーランドで課税対象であるかどうかを評価する際に、居住地の問題はまったく考慮されていません。

寄付金による税金の決済

上記の考慮事項を念頭に置いて、受取人がポーランドの市民権を持っている場合、海外からの家族への寄付はポーランドで課税対象であると明確に述べることができます。ただし、外国人にも、近親者に課せられる免税総額を利用する権利があることを強調しておく必要があります。

アートの内容として。 4a段落。法第1条では、配偶者、子孫、子孫、継子、兄弟、継父、継母による財産または財産権の取得は、次の場合に免税されます。

  1. 財産または財産権の取得を、納税義務の日から6か月以内に税務署の管轄長に報告し(SD-Z2フォーム)、

  2. 寄付または寄付者の注文による購入の対象が現金である場合、彼らは、銀行または貯蓄で、支払い口座以外の彼の口座で、買い手の支払い口座への送金の証拠とともに領収書を文書化しますと信用組合または郵便為替によって。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

したがって、受取人がポーランドの領土外に永住している場合、受取人がSD-Z2申請書を提出する必要がある税務署について疑問が生じます。質問に答えるには、税務当局の財産に関する2005年8月22日の財務大臣の規則を参照してください。

§7秒で。 1ポイント2点灯。この規則のcでは、寄付に関する税務当局の地方管轄は、不動産以外の品目の場合、納税義務が発生した日の購入者の居住地に応じて決定されると読むことができます。そして、そのような場所がない場合-この日の彼の滞在の最後の場所によると。

しかし、海外に永住している人は、ポーランドに居住地も滞在地もありません。この場合、管轄区域は§10パラに従って決定されるべきです。税法の規定に示されている方法で地方の管轄権を決定できないことが判明した場合、管轄の税務当局はそれぞれ第3税務署ワルシャワ-シルドミエシチェの長であることが判明した規則の1。

ちなみに、地方税は、全免税の恩恵を受けられず、SD-3納税申告書の提出を義務付けられている人と同じ方法で決定されるべきであると付け加えておきます。 海外に住んでいてポーランドの市民権を持っている受取人は、受け取った寄付に対して課税されます。ただし、身近な家族から銀行振込の形で受け取り、SD-Z2フォームで受け取った日から6か月以内に、この事実を第3税務署長のWarszawa-Śródmieścieに報告した場合、彼女は完全な免税の恩恵を受ける。 この記事を要約すると、相続税と寄付税による課税の範囲は、納税者の​​大部分にとって大きな驚きかもしれないことに注意する価値があります。課税の問題は、確立された居住地とは無関係であることを忘れてはなりません。その結果、海外に永住している人は、受け取った寄付に対してポーランドで税金を支払う必要がある場合があります。ただし、近親者間で締結された契約の場合は、免税全額を利用できる可能性があることを覚えておく価値があります。