VATに登録する義務を課す活動

サービス税

原則として、納税者はVAT免除の恩恵を受けることができます。ただし、免税を利用する可能性を排除し、VATに登録する義務を課す活動のグループがあります。

VATに登録する義務を課す活動は何ですか?

アートで。 113段落。付加価値税法の第1条では、前の税年度の売上高が合計20万ズウォティを超えなかった納税者による売上の免除があります。税額は売上高に含まれていません。したがって、前の税年度に納税者の売上高が200,000 PLN(VAT額を除く)を超えなかった場合、そのような納税者は免税を利用できるため、納税額を計上できません。

ただし、この免除はアートで指定された活動には適用されません。 113段落。 VAT法の13。この免税は納税者にも適用されません。

  1. 配達をする:

  1. 法の付属書12に記載されている商品

  2. 以下を除いて、物品税の規定の意味の範囲内で、物品税の対象となる商品。

    • 電気(PKWiU 35.11.10.0)、
    • たばこ製品、
    • (a)項以外の乗用車e、所得税の規定に従い、減価償却の対象となる固定資産に納税者によって分類され、

  1. アートで言及されている場合の建物、構造物またはその一部。 43秒1ポイント10点灯。 aとb、

  2. 建設現場、

  3. 新しい輸送手段;

2)サービスの提供:

  1. 法的、

  2. 植物の栽培と繁殖、動物の繁殖と繁殖に関連する農業コンサルタントを除いて、開発計画の作成と農場の近代化に関連するコンサルティングの分野では、

  3. ジュエリー;

3)国の領土に経済活動の席を持っていない人。

以下に、売上高免税を利用する可能性について疑問を投げかける事例を紹介します。

会計サービス

簿記サービスの分野で活動を行う原則は、1994年9月29日の会計法(2013年法律ジャーナル、項目330、修正済み)に規定されています。アートに準拠。 76a段落。上記2法の、パラで言及された活動を実行する起業家。 1、以下を含む活動を実行する権利もあります。

  1. 納税者、納税者および徴収人に代わって、税務上の帳簿およびその他の記録を保持し、この点に関して支援を提供すること、

  2. 納税者、納税者および徴収人に代わって、納税申告書および申告書を作成する、またはこの点に関して支援を提供する、

-別の規則で指定されている範囲で。

したがって、私たちがコンサルティングなしで技術活動を扱っている状況では、会計サービスを提供する事業体は免税の恩恵を受けます。

この立場は税務当局によっても確認されており、その一例は2015年4月9日の財務大臣の一般的な解釈です。 PT3.8101.2.2015.AEW.16、ここで読むことができます:

(...)事業体が(そのステータスまたは特定の権限を持っているかどうかに関係なく)税務目的または納税申告書および申告書の作成(完了)のために簿記サービス、税務台帳およびその他の記録のみを提供し、提供しない状況アドバイザリーサービスまたは法律(税務諮問法の第2条(1)(1)または(4)に示されているものなど)、アートの規定。 113段落。 13ポイント2点灯。 VAT法のaまたはb。したがって、そのような事業体は、VAT免税の恩恵を受けることができます(VAT法第113条で指定された免税を除き、議論された条件以外の条件がない限り)。一方、特定の事業体が(そのステータスまたは特定の権限を持っているかどうかに関係なく)助言または法的サービスを提供する場合(たとえば、税務諮問法の第2条(1)(1)または(4)に示されている)、アートの規定。 113段落。 13ポイント2点灯。 aまたは点灯。付加価値税法のb。

結果として、この事業体はアートで言及されている免税を使用する権利がありません。 113段落。 VAT法の1および9。 (...)

不動産鑑定士

不動産鑑定は、1997年8月21日の不動産管理法(Journal of Laws of 2015、item 1774、改正)で規制されました。

アートに準拠。 174段落。この法律の第3条では、不動産鑑定士は、不動産の価値、およびそれに恒久的に関連する機械設備を決定します。

アートによると。 174段落。上記法の3aに基づき、不動産鑑定士は、以下に関する評価報告書を構成しない調査および専門家の意見を作成することができます。

  • 不動産市場とこの市場のコンサルタント、

  • 不動産への投資とその開発の有効性、

  • 地域の計画を採用または変更することの経済的影響、

  • 施設の個別所有権の対象をマークし、

  • 不動産の住宅ローンの価値、

  • 個人投資家のニーズに合わせた不動産の価値の決定、

  • 会計規則の意味の範囲内で投資として分類された不動産の評価、

  • 会計法の意味におけるユニットの固定資産としての不動産の評価。

私たちの意見では、鑑定士は助言サービスを提供していないため、免税の恩恵を受けることができます。そのような立場は、2015年12月11日の書簡でビドゴシュチュの税務署長によって確認されました。 ITPP3 / 4512-557 / 15 / MD、ここで読むことができます:

(...)取得した専門資格および不動産鑑定士の専門職位に応じて、不動産鑑定(鑑定評価書の作成、不動産市場の分析および投資収益性分析)の分野で事業を行うこと。活動の対象となる課税対象の売却額は150,000PLNを超えない[注。 aut。現在]事業活動の期間に比例して、アートで言及されている主観的な免除を適用することができます。 113段落。付加価値税法の9(...)。