電気通信法の変更はサプライヤーにとってコストですか?

サービス

2020年12月21日、電気通信法に改正が導入されました。これは、電気通信法に基づいて運営されているサービスプロバイダーにとって基本的に重要です。これらの起業家の義務は何かを確認しましょう。

契約の締結とその終了を容易にするために多くの変更が導入されたため、変更は本質的に消費者を支持するものです。実装された変更は、サービスプロバイダーにとっての新しい義務の源であり、サービスプロバイダー側​​で追加料金を負担する必要性に関連しているようです。

契約の終了を文書化するフォーム

この法律の改正により、サービスプロバイダーが契約を文書形式で締結できる場合、プロバイダーは契約の終了を有効にするとともに、契約を撤回するか、文書形式で終了する義務があるという規定が導入されました。

この種の結論と同時に、電気通信契約の提供のための契約の終了は、加入者が契約の終了の声明を文書形式で提出した場合、プロバイダーに直ちに義務を課しますが、この声明の受領から1営業日以内に、加入者にそれを受領したことを通知するため。

サプライヤは、次の2つのオプションで通知を行うことができます。

  1. 連絡先の加入者によって示された番号にショートテキストメッセージ(SMS)を送信し、終了の対象となる契約に表示されます-地理的でない番号を示した加入者の場合。

  2. 加入者が連絡のために指定した番号に電話をかけ、契約に表示され、終了する場合があります-地理的な番号を指定した加入者の場合。

立法者は、この宣言の提出日から14日以内に、耐久性のある媒体での電気通信サービスの提供に関する契約の終了に関する宣言の受諾を加入者に確認するようにサービスプロバイダーに命じ、サービスの名前を示しました。通知に従い、通知の受領日および契約の終了日。この種の義務には、耐久性のある媒体の定義を明確にする必要があります。 この定義は、2004年7月16日の電気通信法の法律では繰り返されていません。しかし、それは、2014年5月30日の消費者の権利に関する法律に記載されており、立法者はこれを参照するように命じています。

耐久性のある媒体は、消費者または起業家が個人的に宛てた情報を保存できるようにする材料またはツールであり、この情報が使用される目的に適した期間、将来的に情報にアクセスできるようにし、保存できるようにします。変更せずに再作成される情報。

言い換えれば、耐久性のある媒体とは、たとえば、消費者または起業家が情報を保存できるようにする材料(たとえば、紙、CD / DVD、ペンドライブ、メモリカード、ハードディスク)またはツール(ハードディスクに保存された電子メール)です。それらが役立つ目的に適した時間の間、それにアクセスできるようにする方法。

この場合、供給者は、その義務を果たし、例えば、加入者が自分の電子メールアドレスを持っている場合、紙の形式で確認を送信する義務がない場合、加入者に電子メールを送信する義務があります。実際には、実際に支払われた料金が含まれます。

自動契約延長前の情報義務

消費者はしばしば電気通信サービス契約の自動延長に遭遇します。 法改正後、一定期間締結された電気通信サービスの提供契約がその期間後無期限に自動的に延長された場合、加入者は1ヶ月前にいつでも解約する権利を有します。 。 通知期間中、加入者は契約の対象となる電気通信サービスを提供するための費用のみを負担します。プロバイダー側​​では、契約の自動更新のコンテキストで、サービスの提供のための契約の自動延長の前に、公的に利用可能な電気通信サービスのプロバイダーが義務付けられているという事実からなる情報義務が発生します契約が締結された期間の満了の30日前までに、契約の自動延長、契約の終了方法、および契約の終了方法について、耐久性のある媒体で明確かつ理解可能な方法で加入者に通知すること。彼らが提供する最も有利な料金パッケージ。

データ転送制限の使用に関する通知

時間または使用されるデータまたは価格設定単位の量に基づいて請求される、公共の移動体通信ネットワーク上でサービスを提供する公的に利用可能な電気通信サービスのプロバイダーは、これらのサービスの使用を監視するためのツールを消費者に提供しなければならない。このプロバイダーは、消費者が選択した料金パッケージ内のサービス消費制限の使用について消費者に通知します。

このサービスのプロバイダーが変更された場合でも、インターネットアクセスサービスの提供の継続性を維持する

インターネットアクセスサービスの提供者との契約の当事者である加入者は、このサービスの提供者が変更された場合、技術的に実現可能でない限り、サービスの継続性を維持する権利を有します。インターネットアクセスサービスの新しいプロバイダーは、加入者と合意し、できるだけ早くこのサービスをアクティブにしますが、インターネットアクセスサービスの既存のプロバイダーとの契約の終了日から1営業日以内に、すぐに確認します。耐久性のある媒体。

インターネットアクセスサービスの既存のプロバイダーは、インターネットアクセスサービスの新しいプロバイダーが加入者と合意したこのサービスのアクティブ化の日まで、既存の条件でサービスを提供する義務があります。相互に情報を交換する新規および以前のプロバイダーは、加入者に費用を請求しない場合があります。

補償金の支払い

改正された規定は、現在のサービスプロバイダーに起因する理由により、インターネットアクセスサービスのプロバイダーを変更しなかった場合に加入者に補償を支払う義務を課しています。補償は、過去3回の決済期間の請求書に基づいて計算された、提供されるすべてのサービスの月額料金の合計の1/4の遅延の日ごとに、1回限りです。

サービスプロバイダーが変更されていない場合、新しいサービスプロバイダーに起因する理由により、加入者は、提供されたすべてのサービスの月額料金の合計の1/4の金額で、遅延の1日あたり1回の補償を受ける権利があります。 、現在のアクセスプロバイダーの過去3回の請求期間からインターネットへの請求に基づいて計算されます。

法的根拠

  1. 2004年7月16日の電気通信法、Journal of Laws 2019.2460、すなわち

  2. 消費者の権利に関する2014年5月30日の法律、Journal of Laws 2020.287、つまり2004年7月16日のテキスト、Telecommunications Law、Journal of Laws.2019.2460、つまり

「TakPrawnik」のチームによって準備された資料。

ブランド「TakPrawnik」のオーナーはBZGroupSpです。 z o.o.