取締役会に外国人を雇用する許可は必要ですか?

サービス

ポーランド市民ではない人々は、ますますポーランドの会社に就職するようになっています。取締役会の外国人は、これまでポーランドでは知られていなかったビジネス、技術、組織のソリューションを開発し、紹介する機会を与えてくれます。しかし、外国人が取締役会のメンバーになることができる規則や、雇用と報酬の受け取りの許可が必要かどうかについて疑問を残さないために、この状況を説明する価値があります。

誰が理事になることができますか?

2000年9月15日の法律によると、商事会社コード(CCC)は次の法的形式で表示されます。

  • 有限責任会社、

  • 株式会社、

  • パートナー企業(上記の2つの企業と比較してこれは必須ではありません)。

アートに準拠。商事会社法第18条では、完全な法的能力を備えた自然人のみが取締役会のメンバーになることができます。さらに、彼女は刑法(PC)の第XXXIII-XXXVII章の規定および芸術で指定された犯罪の最終判決によって有罪判決を受けることはできません。 585、アート。 587、アート。 590とアート。商事会社法の591(例えば、文書の信頼性に対する犯罪、財産または商取引に対する犯罪)。

上記に基づいて、取締役会のメンバーは、法人(例:他の会社)ではなく自然人である必要があり、完全な法的能力を持っている必要があります。つまり、成人であり、無能力ではありません。

この法律は市民権にいかなる制限も課していないため、ポーランドの会社の取締役会のメンバーは、極と完全な法的能力を備えた自然人である外国人の両方になることができます。したがって、雇用許可は必要ありません。

例1。

取締役会のメンバーは次のとおりです。

  • 20歳のJanKowalski、

  • ジミー・スミス、30歳。

取締役会のメンバーは次のメンバーではない場合があります。

  • 文書偽造で法的に有罪判決を受けた40歳のトマシュコヴァルスキ。

  • 未成年者としての17歳のユゼフコワルスキー。

  • たとえば精神疾患のために完全に無能力になった80歳のマリウシュコワルスキー。

  • MattaceSp。 z o.o.、これは法人です。

取締役会のメンバーはどのような基準で会社に雇用されていますか?

商事会社法の規定は、株主の決議による取締役会メンバーの任命を規定していますが、定款は別の方法でそれを規制する場合があります。取締役会のメンバーとしての人の任命は、この機能の機能のみを定義します(例:社長、副社長、メンバー)。これは自動的に雇用関係を確立するものではありません。取締役会への任命は特定の職務に対する調査行為にすぎず、この任命に基づいて雇用関係は確立されません。会社と取締役会のメンバーとの間に雇用関係を確立するためには、雇用契約を締結する必要があります。

会社と取締役会のメンバーとの間で契約を締結する場合、会社は、監査役会または株主総会の決議(有限責任会社の場合)または総会(株式会社)によって任命された弁護士によって代表されます。会社)。最高裁判所の判例法によれば、株主総会または総会により、会社の取締役会の特定のメンバーが会社を代表して別の取締役会のメンバーと雇用契約を締結することを許可することが許可されています。会社で取締役を雇用する場合、会社は、会社に適用される労働法、労働規則、報酬規則、労働協約、およびその他の労働法の規定に起因するすべての要件を遵守する義務があります。

取締役会に外国人を雇用する許可は必要ですか?

ポーランドでの外国人の雇用は、2004年4月20日の雇用促進および労働市場制度に関する法律で規制されています。原則として、外国人はポーランド共和国で働く権利があります。これは、たとえば、欧州連合の市民、欧州経済領域の国々、ポールズカードを持っている外国人、難民の地位、居住許可、許容滞在許可に適用されます(完全なカタログは雇用促進と労働に関する法律の第87条に含まれています市場機関)。

許可を取得する義務は例外的な状況です。これはArtによって規制されています。上記の行為の88。規則によると、以下の場合には雇用許可が必要です。

  • 外国人は、ポーランド共和国の領土内に居住地または居住地、あるいは支部、施設、またはその他の形態の組織的活動が存在する事業体との合意に基づいて、ポーランド共和国の領土で業務を遂行します。

  • 起業家の登録簿に登録された法人または組織の資本会社である法人の管理委員会での機能の実行に関連して、またはゼネラルパートナーとしてのリミテッドパートナーシップまたはリミテッド株式会社の業務の管理に関連して、または彼に調達を許可することに関連して、次の12か月で合計6か月を超える期間ポーランド共和国の領土に居住している。

  • 7月26日の法律の意味の範囲内で、外国の雇用主のために仕事を行い、暦年で30日を超える期間、外国の事業体または関連事業体の支店または事業所にポストされます。 1991年、外国の雇用主との個人所得税について。

  • ポーランド共和国の領土に支店、工場、またはその他の形態の組織的活動を持たず、一時的かつ臨時のサービス(輸出)を提供するためにポーランド共和国の領土に委任されている外国の雇用主のために仕事をするサービス);

  • 外国の雇用主のために仕事をし、ポイント2-4に示された以外の目的で、次の6か月以内に30日を超える期間ポーランド共和国の領土に配置されます。

アートに準拠。 88秒雇用促進および労働市場制度に関する法律の1つのポイント、次の12か月の間に少なくとも6か月間ポーランドの領土に滞在する会社の管理委員会の役職に就いている外国人(したがって、暦年には適用されません) 、労働許可が必要です。

例2。

フランク・スミスは、ポーランドの有限責任会社の取締役として雇用されました。同社はロンドンにも支店を持っているため、ポーランドとイギリスの間を頻繁に移動します。次の12か月間、彼は合計4か月間ポーランドに滞在し、残りの時間はロンドンで過ごしました。この状況では、彼は法定期間を超えていないため、労働許可は必要ありません。会社に支店がなく、外国人が事実上ポーランドに永住する場合は、労働許可が必要になります。

ボード上で外国人を雇用する許可を取得するにはどうすればよいですか?

外国人が取締役会に雇用する許可の申請は、会社、つまり取締役会またはこの活動を行う権限を与えられた弁護士によって提出されます。それは、取締役会で外国人を雇用する会社の議席を担当するヴォイヴォダに向けられています。アプリケーションは、雇用されたエンティティと潜在的な従業員に関する詳細情報を提供する必要があります-それらは法律に列挙されています。したがって、関心のある外国人自身が提出するのではなく、彼を雇用する事業体であり、許可を取得するための手続きの当事者となる事業体です。

このような場合に許可証を発行するための条件は、アートで指定されています。 88c段落。雇用促進および労働市場制度に関する法律の4。それによると、会社が次の2つの条件のいずれかを満たしている場合、voivodeは雇用許可を発行します。

  1. 雇用許可申請書の提出に先立つ課税年度において、収入は、芸術に基づいて中央統計局の大統領が発表したように、県の平均月収の12倍以上でなければならない。 30秒住宅建設のための特定の形態の支援に関する1995年10月26日の法律の2および申請書の提出前の少なくとも1年間の無期限およびフルタイムの雇用、対象外の少なくとも2人の従業員労働許可を取得する義務。

  2. 特に投資の成長、技術移転、有益なイノベーションの導入、雇用の創出に貢献する活動を行うことにより、将来的にポイント1で設定された条件を満たすための資金を持っているか活動を行っていることを示します。

したがって、取締役会に外国人を雇用する可能性は、市場で確固たる地位を確立し、少なくとも1年間(フルタイム)従業員を雇用し、必要な収入(12倍以上)を達成している企業だけが利用できるわけではありません。 voivodeshipの平均月収)だけでなく、開発のための資金があることを証明する開発エンティティ-財政的だけでなく、技術的、革新的で、創造的であり、取締役会で外国人を雇用する許可に値することを証明できますその会社の。

要約すると、会社の取締役会で外国人を雇用する場合、外国人が次の12か月(暦年ではない)に少なくとも6か月間ポーランドの領土に滞在する場合は、雇用許可が必要であることに注意してください。 。短期滞在には労働許可は必要ありません。許可申請は外国人ではなく会社が提出します。それは会社がその席を持っているvoivodshipの元帥によって認識されます。彼らは、収入と雇用の基準を満たしているか、従業員を雇用し、法律で示された金額の収入を生み出す手段があることを証明する必要があります。