VAT-7の63位に記入することを忘れないでください

サービス税

VAT-7税情報を提出する納税者は、パートGの項目63に特に注意を払う必要があります。これは、課税基準の修正と納税額の通知に関するものです-VAT-ZDフォーム。

起業家は、いわゆるを使用するときに修正を行います貸倒れの軽減-ここでは、項目63に記入する(したがって「はい」という言葉を書く)必要性は疑いの余地がありません。

VAT-7が適用される期間に事業を行っている人が、上記の救済を使用せず、VAT-ZDフォームを同封しなかった場合はどうなりますか?まず第一に、63位は無視できません!このような状況では、起業家は「いいえ」という言葉を入力する義務があります。このような措置は、VAT申告の説明から直接生じたものであり、このフィールドへの入力が特定の人物にのみ適用されるという情報は見つかりません。

したがって、要約すると、VAT-7を提出する納税者は、パートGの項目63を毎回完了する必要があります。不良債権の救済を利用する状況では、「はい」と入力し、この救済を使用しない場合は- "番号"。