税金費用としての自動車ローンの利息

サービス税

社内の車は便利です。顧客や請負業者に何度も出張したり、商品を受け取ったりする必要のある起業家なら誰でも同意するでしょう。しかし、誰もが自分のポケットから社用車を購入する余裕があるわけではありません。したがって、解決策はローンです。そのようなローンの利子は会社の税金費用を構成することができますか?

原則として、クレジット自体がビジネス目的である場合、クレジット利息は税控除の対象となる費用である可能性があることが認識されています。したがって、自動車をローンとして購入し、企業の固定資産の登録簿に登録した場合、この条件は満たされていると見なすことができます。

ただし、覚えておくべき2つの重要なことがあります。まず第一に、車両を購入する前に、利息のある最初の分割払いをスケジュールに従って支払わなければならないことがよくあります。車両が固定資産に含まれる前に発生するこのようなコストは、車両の初期値を増加させるはずです。これらは、減価償却費の償却を通じて会社の費用で決済されます。

一方、2番目のルールは、自動車が会社の記録に入力された後に支払われる利息に適用されます。それによると、利息は支払われた場合にのみ費用に含まれる可能性があります。したがって、収支元帳で手数料を予約する場合、納税者は返済スケジュールではなく、支払い領収書の日付を使用する必要があります。

納税者がしばしば心配するのは、車の価値が費用に含まれる可能性のある制限です。この制限は20,000ユーロに相当し、会社が使用する車の引き渡しの前日のポーランド国立銀行の平均為替レートに従ってポーランド通貨に換算されます。この制限は、費用に含まれる可能性のある保険の金額にも影響します。比例的に計算し、20,000ユーロに相当する金額でのみ予約する必要があります。制限に関する規定はアートに含まれています。 23秒PIT法の1ポイント4とポイント47。

ただし、社用車ローンの利子に関しては、起業家が限度額を遵守することを制限する規制はありません。これは、会社のコストでは、利息が実際に支払われた金額とまったく同じになる可能性があることを意味します。