税務違反に対する罰則を回避する方法は?

サービス税

中小企業の所有者は、税務署に対して履行しなければならない規制によって課せられた義務を認識していないことがよくあります。これは、彼らが特定の活動を完了しておらず、税務署に説明しなければならないことが突然判明したときに、不快な状況につながります。

活発な悲しみ

事業を営む場合、犯罪や財政犯罪を犯しやすいですが、必ずしも罰せられる必要はありません。起業家が禁止された行為を行ったことに気付いたが、それを行った時点でそれを認識していなかった場合、財政刑法は救済を規定します-それは活発な悲しみの制度です。

積極的な後悔は、納税者がその委員会の状況の説明とともに禁止された行為を認める自主的な宣言を提出することから成ります。事件に参加した人-共犯者も与えられるべきです。その見返りとして、税務署自体が禁止された行為の手数料を最初に検出しない限り、納税者は彼が罰せられないという保証を受け取ります。

税務違反と税務違反を区別する方法は?

違反とは、予想される罰金が金額で表される禁止行為です。一方、財政犯罪は、犯罪が行われたときの最低賃金の5倍以上の金額の未払いの負債として定義されます。

 

例1。

2015年の最低賃金は1,750ズウォティです。これは、起業家が税務署に8,750ズウォティ以上の金額を支払う義務があり、それをしなかった場合、彼は財政犯罪を犯したことを意味します。


犯された最も一般的なタイプの税務違反は、期限内に申告書を提出しなかったこと、または納税額を支払ったり減額したりしないことです。

活発な悲しみに対処するための条件

積極的な後悔の認識は、起業家が未払いの義務を支払う場合にのみ行うことができます。たとえば、申告書を提出するか、税務署に支払うべき金額を支払います。

法執行機関が犯した犯罪や犯罪に関する情報をすでに持っており、禁止行為の開示に関連する活動をすでに開始している状況で活発な苦情が申し立てられた場合、自己告発は認められません。同様に、オフェンスのために作成されたオフェンスを担当するグループのリーダーによって提出された場合。例外は、グループ全体による活発な悲しみです。

積極的な後悔は必ずしも必要ではありません

積極的に後悔する必要がない場合もあります。これは、修正が提出された場合(VAT、PIT、PCCなど)で、たとえば、納税額が過小評価されている場合です。そのような行動は、延滞の利子を請求することを除いて、納税者によって自動的に罰せられることはありません。