過年度からの損失-段階的な和解

サービス税

会社を設立しようとしている起業家は、利益を期待して、将来について楽観的です-それは明白で自然です。しかし、実際には、損失を被る可能性も考慮に入れる必要があります-あなた自身のビジネスのそれぞれがそのようなリスクを生み出します。期待にもかかわらず、会社が利益を上げていないことが判明した場合は、手を絞ってはいけませんが、この事実から可能な限り多くの利益を引き出す必要があります。

損失のメリットは何でしょうか?起業家が成功し、最初の困難にもかかわらず、会社が次の年に収入をもたらし始めた場合、損失は支払うために必要な所得税を減らすのに役立つかもしれません。

過年度からの損失-どのように解決するか?

3つの基本的な条件に適応する必要があります。

  1. 期限-税務上の損失は、発生した年から5税年以内に決済される場合があります。この期限を過ぎると、納税者は損失額だけ所得税を減額する権利を失います。
  2. 出典-所得税は、被った損失と同じ源泉からの所得に関してのみ減額できることを覚えておく必要があります。会社の損失を利用して、たとえば個別の契約からの所得税を減らすことはできません。
  3. 金額-2018年末までに損失が発生した場合、1課税年度に、起業家は被った損失の最大50%まで減税することができます。残りは、次の年に差し引かれる可能性があります。ただし、2019年以降に発生した損失は、次の2つの方法で解決できます。
    1. 2018年までに発生した損失と同じ条件での免税の控除。
    2. 損失額が5,000,000PLNを超えないことを条件として、次の5つの連続する課税年度の1つで被った損失の全額の控除。
      -ポイント1の条件に従います。

wfirma.plシステムで前年度からの損失をどのように説明しますか?

wfirma.plシステムは、プログラムに導入された所得税の前払いの損失を自動的に考慮します。システムに損失を入力するには、[設定]タブに移動し、[税]テーブルで[所得税]項目をクリックするだけで十分です。次に、表示されるウィンドウで、[控除の追加]をクリックしてデータを完成させます。

記事のwfirma.plシステムでの前年度からの開始の決済の詳細:前年度からの損失-システムに入る方法は?