COVID-19検査は雇用主の費用負担で従業員を対象としていますか?

サービス税

コロナウイルスのパンデミックはまだ続いていますが、多くの従業員は在宅勤務から会社に戻らなければなりませんでした。このため、ますます多くの雇用主が従業員に必須のCOVID-19検査を受けることを選択しています。迅速な診断だけが、一方では他の従業員を感染から保護し、他方では企業全体の適切な機能を保証することができます。したがって、フルタイムと自営業の両方のすべての従業員に対して実行されたCOVID-19テストをコストに含めることができるかどうかという疑問が生じます。

費用と労働法に資金を提供する義務

COVID-19検査の従業員に資金を提供する義務は、労働法の規定から間接的に派生しています。アートに準拠。労働法の207§2ポイント1では、雇用主は従業員に安全で衛生的な労働条件を提供し、これらの条件が保証されるように仕事を組織する必要があります。この仮定に基づいて、COVID-19の検査は、従業員の生命と健康を保護するのに役立ちます。
立法者は、起業家が従業員にテストを実施する義務を課すことを許可していませんでした。また、従業員は、テスト結果が否定的か肯定的かに関係なく、雇用主にテスト結果を通知する義務はありません。ただし、ここで強調する価値があるのは、作業中、従業員は安全衛生の規制と規則を遵守し、上司からの指示と指示に従う義務があるということです。コロナウイルス感染の症状に対処するようになることは、これらの規則に違反します。

COVID-19の費用とVAT

財務・資金・地域政策大臣の条例、VAT税率が引き下げられた商品やサービスに関する条例、および引き下げられた税率の適用条件を改正し、診断テストおよびワクチンに0%のVAT税率が導入されました。 COVID-19に対して。このソリューションは、コミュニティ内の買収と輸入の供給をカバーし、この分野の医療費に影響を与えるため、市民へのアクセスの向上に貢献します。 欧州連合の領土からのCOVID-19に対する診断テストやワクチンなどの商品の購入は、JPK_V7に、コミュニティ内の商品の取得、いわゆるWNT。

COVID-19の費用と所得税

アートに準拠。 22秒個人所得税法の1では、税控除の対象となる費用は、収入を達成するため、または芸術に記載されていない収入源を維持または確保するために発生する費用です。 23、つまり、税金費用から厳密に除外された費用のカタログ。したがって、COVID-19検査は非課税控除対象費用のカタログに直接記載されていないため、運用費用に含めることができるかどうかを検討する必要があります。

この問題は、2020年7月21日の説明で財務大臣によって明確に説明されており、COVID-19による経済的悪影響の発生に関連して適用される新しい選好について次のように述べています。 起業家が労働安全衛生(事業を営む)の分野での義務、または衛生安全の分野で有能な当局(機関)のガイドラインまたは推奨、または流行に対抗する彼自身の決定および合理的な結果として費用を負担する場合脅威(流行)、そのような費用は、アートの意味の範囲内で税控除可能な費用を構成します。 15秒CIT法と芸術の1。 22秒適切に文書化されている限り、PIT法の1。そのような費用の例には、従業員用の保護マスクの購入、ヘルメット、または従業員用のコロナウイルス検査の資金調達が含まれます。”. 起業家は、フルタイムの従業員とコミッション契約を結んでいる他の人々または特定の仕事の両方の運用コストにCOVID-19テストを含めることができます。条件は彼らの適切な文書です。

テストの購入はすべての従業員を対象としていますか?

多くの企業では、自営業者、すなわちB2B、彼らはしばしば会社の敷地内で活動を行い、正社員と接触します。両方の従業員グループのCOVID-19の検査はビジネスに関連していると考えられます。職場の安全を確保するために検査が必要であるため、検査にかかる費用が税金となる場合があります。ただし、このような手続きは、自営業者の税務試験費用の認識に関する国会議員の説明に直接起因するものではないため、個別の解釈を申請することをお勧めします。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

COVID-19の検査に資金を提供する起業家は2倍になります。一方で、彼らはすべての従業員の安全を確保します-そして健康で働くことができるスタッフだけが会社の適切な機能を保証し、それはひいてはより高い収入の達成に貢献します。一方、それらは税控除可能な費用として分類することができるため、課税ベースが削減されます。この立場は、財務省の説明と2020年10月30日の国家税務情報局長の個別の解釈によって確認されています。 0111-KDIB1-3.4010.423.2020.1 APOは、流行中の従業員に対する体の免疫とインフルエンザに対するワクチン接種を強化するための医薬品、医薬品、およびその他の準備の購入の資金調達に関係していました。通訳を読んでいると、そのような費用が発生します」(...)従業員の病気休暇や検疫のリスクを軽減します。間違いなく、一時解雇や検疫に従事する従業員が多すぎると、申請者の企業の生産性が低下し、その結果、離職率が低下し、申請者の経済状況に悪影響を与える可能性があります。”.

COVID-19テストの請求書を投稿する

wFirma.plシステムは、国内および海外の両方の請求書の転記に適合しています。 COVID-19テストを0%の税率で購入するための請求書は、[支出]タブ»[会計]»[追加]»[請求書(VATなし)]»[ビジネス活動に関連するその他の支出]から入力できます。 VAT免税納税者の場合:支出»追加»支出»その他の事業支出。

このようにして、入力された請求書は、列13のTax Book of Income and Expenditureに費用としてのみ正しく表示されます。これは、購入のVATレジスタには表示されません。