従業員が出張手当を免除することは可能ですか?

サービス

一部の職業では、出張は仕事の不可分の要素である可能性があります-これは、とりわけ、営業担当者および広く理解されている会社の担当者。従業員は、公務の遂行を伴う各旅行に適切な食事をとる権利を有するものとします。出張手当を免除することはできますか?

出張とは?

私たちは、従業員が職場または別の常設の職場の外で職務を遂行するときの出張について話しています。雇用契約に基づき、特定の人が旅行してサービスを提供する必要がある場合、出張について話すことはできません。この場合、従業員はこの点で追加の特典を受ける権利がありません。

アートに準拠。労働法の775§1、雇用主の要求に応じて、雇用主がいる場所の外または常設の職場の外でビジネスタスクを実行する従業員は、出張に関連する費用をカバーするために売掛金を受け取る権利があります。したがって、出張について話すことができるのは、労働者の出発の3つの条件の合計が満たされている場合のみです。

  1. 雇用主の明示的な要請により実施されます。
  2. 旅行は、監督者による特定のタスクを実行するために行われます(指定された従業員の職務が実行されます)。
  3. 出発は、職場の座席または従業員が雇用主に対して日常業務を行う場所の外で行われます(出発は恒久的な職場の外で行われます)。

出張ダイエット

出張を義務付けられている従業員は、そのような出張に関連する費用の払い戻しを要求する権利があります。これは各従業員の基本的な資格であり、従業員の出張および常勤以外の職務の遂行に関連するすべての費用の払い戻しを保証します。 ルブリンのSAの判断(参照番号III APa 12/19)
労働法第775条第1項は、雇用主の要請により、雇用主が所在する場所の外または常設の職場の外で事業を行う従業員への出張に関連する支払いを保証します。これは、従業員が行った旅はビジネスタスクの実行ではないことを意味します。従業員は、雇用主によって割り当てられたタスクを実行するためにのみ移動します。この場合、従業員はホテルの請求書に記載された金額または毎晩の一時金の宿泊費を払い戻す権利がありますが、夜間に旅行する場合、宿泊費または宿泊費の払い戻しを受ける権利はありません。移動時間の一括払い。

事実、出張手当の支給条件は、労働法の規定ではなく、2013年1月29日の労働社会政策大臣規則で、出張のための州または地方政府の予算単位。この法律に含まれる規制に従い、従業員は次の権利を有します。

  • ダイエット;
  • 費用の払い戻し:旅行、地元の交通機関による旅行、宿泊施設、その他の必要な文書化された費用。正当なニーズに応じて雇用主が指定または認識します。

出張の手当は、出張に関連して従業員が増加した食費をカバーするための雇用主への補助金にすぎません。言い換えれば、それは労働者の出発時に食料を購入するための現金同等物です。 2013年3月1日以降、出張手当の金額は出発日1日あたり30ズウォティです。ただし、旅行の期間が8時間未満の場合、そのような食事は認められず、その期間が8〜12時間の場合、従業員はPLN15の食事を要求する権利があることに注意してください。

出張手当免除

一部の従業員の権利は絶対的な方法で従業員に付与されます。つまり、特定の権利を放棄する可能性は排除されます。これは、たとえば年次休暇の場合であり、従業員が現物で取得する必要があります(未使用の休暇に相当する現金は例外的な場合にのみ使用できます)。

アートに準拠。労働法第84条では、従業員は報酬の権利を放棄したり、この権利を他の人に譲渡したりすることはできません。上記の規定は絶対的に拘束力があり、従業員または雇用主のいずれによっても違反されてはなりません。しかし、出張手当は仕事の報酬としてではなく、従業員の離職時にのみ発生する給与への追加としてのみ扱われることが判明しました。実際には、これは、従業員がそのような利益を放棄する可能性があり、その結果に影響を与えないことを意味します。 最高裁判所の判決(参照番号III UK 54/11)
この旅行に支払われる手当やその他の手当は仕事の報酬ではなく、その他の仕事関連の手当を構成するため、報酬のための仕事と出張の別の仕事を行うことは別のことです。出張の制度は、手段はもちろんのこと、仕事や労働時間の報酬を隠したり、税金や寄付の負担を軽減したりするために自由に適用することはできません。
アートの意味の範囲内で合意された職場。 29§労働法の1ポイント2は、アートの下での恒久的な職場と違いはありません。労働法の775§1。言い換えれば、従業員が特定の場所で仕事をするために雇用主と約束をした場合、それは非永続的な(労働法第775条第1条に基づく恒久的なものとは対照的に)職場ではありません。 。
最高裁判所の判決(ファイル参照番号II PK 317/05)
労働法の第II章第3項に規定されている保護は、厳密な意味での労働に対する報酬に加えて、アートの意味での労働法の規定に基づく従業員の売掛金を対象としています。労働法の9§1であり、仕事の報酬と同様の機能を果たします。労働法の規定に相当するものがなく、仕事に対する報酬または同様の機能を果たすことのない雇用契約で保証された支払いは、このように理解される保護の範囲に含まれません。

出張手当を放棄する方法は?

旅行手当の免除は、指定された従業員にそのような給付を支払う義務から雇用主を解放し​​ます。ただし、その有効性については、適切な意思表示の提出が必要です。実際、規則はそのような免除の形式を指定していないので、そのような情報を監督者に口頭で提供することは許容されます。ただし、証拠として、従業員の意思表示は書面で行う必要があります。紛争が発生した場合、上司は従業員が旅行手当を事実上放棄したことを簡単に証明できます。

出張の許可を首尾よく放棄するために、従業員は上司に書面による声明を提出する必要があります。これは、出張中に食品を購入するのと同等の法的に適用される現金を望まないことを明確に示しています。そのような情報は旅行の前に雇用主に提供されるべきです-それは宣言に正確な日付を含める価値があります。従業員と雇用主のデータを提供することに加えて、そのような手紙には、その人が送られる旅行の表示と旅行手当からの明確な辞任の宣言が含まれている必要があります。もちろん、声明の最後に、従業員は自分の署名を付けます。雇用主の手に直接置くことも、書留郵便で雇用主に送ることもできます。

出張手当の免除を取り消すことはできますか?

規則は、旅行手当の免除を撤回できるかどうかについて明確な答えを与えていません。理論的には可能ですが、それは従業員による別の関連する声明を必要とします。今回は彼の立場を変えることの正当性があります。さらに、問題はそのような変更のタイミングである可能性があります-労働法は以前の免除が取り消される可能性のある時間を参照していません。したがって、将来の出張の食事に関して雇用主との不必要な対立を引き起こさないように、すべての賛否両論を事前に分析することは価値があります。

従業員の出張の手当の放棄-要約

出張の手当は、出張に関連して、つまり恒久的な職場の外で行われる職務の一部として支払われるべき報酬の追加要素です。 8時間未満の旅行はダイエットの資格がありませんが、8時間から12時間の旅行はその価値の半分までしかありません。従業員は、資格のある旅行手当を放棄する完全な権利を有しますが、計画された旅行の前に、これについて上司に通知する必要があります。書面による申告は、雇用主の手に直接提出するか、書留郵便で提出する必要があります。