オンラインで購入したチケットは請求書と見なすことができますか?

Webサイト

最近、インターネットを介して航空会社や電車のチケットを購入することが非常に人気になっています。ただし、オンラインで購入したチケットは請求書と見なされ、KPiRでの取引と支出の認識の基礎になりますか?

VAT法に基づく請求書の定義

VAT法では、アート。 106e段落。 1、立法者は、原則として、請求書に含まれるべきであるデータのカタログを含めました。したがって、請求書には次のような要素が含まれている必要があります。

  • 発行日、
  • 請求書を一意に識別する、1つ以上のシリーズ内で割り当てられた連番。
  • 名前と名前、または商品やサービスの納税者と購入者の名前、およびそれらの住所、
  • 納税者が税務上の目的で識別される番号、
  • 商品またはサービスの購入者が、商品またはサービスを受け取った際の税金または付加価値税の目的で識別される番号。
  • 商品の配達または配達の完了日、サービスの実行日、または支払いの受領日(販売前に発生した場合)、そのような日付が指定されていて請求書の発行日と異なる場合、
  • 商品またはサービスの名前(タイプ)、
  • 配達された商品の測定と数量(数)または提供されたサービスの範囲、
  • 税額のない商品またはサービスの単価(正味単価)、
  • 正味単価に含まれていない限り、早期支払い割引の形式を含む、価格の割引または割引の金額。
  • 税額(純売上高)を除いた、取引の対象となる、提供された商品または実行されたサービスの価値、
  • 税率、
  • 個別の税率の対象となる売上と非課税の売上に分割した純売上額の合計、
  • 個々の税率に関連する金額に分解された、純売上高の合計に対する税額、
  • 未払いの合計金額。

オンラインで購入したチケットはいつ請求書と見なされますか?

§3ポイントで請求に関する2013年12月3日の財務大臣規則の4では、請求書に記事で指定されているよりも狭い範囲のデータが含まれている可能性がある特定のケースがあります。つまり、有料高速道路の旅行または任意の距離の旅行のチケットは、乗客の輸送からなるサービスを提供する資格のある納税者によって単一のチケットの形で発行されます:標準ゲージの鉄道、自動車、外航船、内陸および沿岸輸送手段、フェリー、飛行機、ヘリコプターには、次のものが含まれている必要があります。

  • 発行番号と発行日、
  • 納税者の名前と名前または名前、
  • 納税者が税務上の目的で識別される番号、
  • サービスの種類の識別を可能にする情報、
  • 課税額、
  • 未払いの合計金額。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

インターネット経由で購入したチケット-その確認は請求書と見なすことができますか?

オンラインで購入したチケットには、通常、発行者の名前とその納税者番号、チケット番号、発行日から、税込みの金額、税額で終わる、上記の段落に記載されている必要な要素が含まれています。

ただし、購入者が印刷したチケット購入レシートは、上記の段落の最初の要件を満たしていません。請求書と見なされる片道切符は、サービスを提供する資格のある納税者、この場合は運送業者によって発行される必要があります。ウェブサイトを介したチケット購入の確認は、購入者自身が生成し、自分のプリンターで印刷されます。チケットが請求書と見なされるには、サービスプロバイダーによって発行され、上記の規則の§3で指定されているすべてのデータが含まれている必要があります。

したがって、電子的に生成されたチケット購入確認は、単回使用チケットの基準を満たしていないため、請求書とは見なされません。オンラインで購入したチケットは、特定の旅行またはフライトの予約と支払いの確認にすぎません。この場合、サービスプロバイダーが発行する請求書は、税務上の購入の確認になります。多くの場合、チケットを購入するときに、請求書を発行することを選択できます。このドキュメントは、販売者の施設または特定の収集ポイントで受け取るか、電子的手段(e-invoice)でe-に送信されます。私たちが提供するメールアドレス。