従業員の労働時間-基本的な問題

サービス

労働時間とは、従業員が職場またはその他の仕事用に指定された場所で雇用主が自由に使える時間のことです。したがって、勤務時間は、従業員が実際に勤務する時間であるだけでなく、仕事をする準備ができている時間でもあります。

支払請求周期

決済期間は、従業員のタスクが計画され、その後、各雇用者の決済が行われる週または月で表される期間です。

和解期間の実際の長さは、労働協約、労働規則、または発表の規定に起因します(労働協約の対象とならない、または労働規則を確立する必要がない雇用主の場合)。

通常の請求期間は4か月を超えません。その最大長は、使用する作業時間システムによって異なります。仕事が農業、繁殖および財産保護に関連する場合、6ヶ月の決済期間を導入することは許容されます。 1年(12か月)の決済期間は、作業コース(建設、釣りなど)に影響を与える特定の組織的および技術的な労働条件の場合に使用できます。

労働法の規定に従い、労働週は会計期間の開始から7暦日連続です。したがって、請求は暦週に基づくべきではありません。一方、1日は24時間であり、従業員が適用される勤務時間スケジュールに従って勤務を開始した時間から始まります。

労働時間基準

労働時間の基準は、従業員が1日または1週間に労働できる最大時間数です。採用された決済期間の平均労働時間は、1日8時間、平均5日間の労働時間で40時間を超えてはなりません。

採用された決済期間では、残業を含む週労働時間は48時間を超えてはなりません。

労働時間

労働時間は、従業員が決済期間中に労働する必要がある時間数です。作業時間は次のように計算されます。

  • 40時間に請求期間の週数を掛けることにより、
  • 得られた時間数に、8時間の積と、月曜日から金曜日までの請求期間が終了するまでの残り日数を加算します。
  • 日曜日以外の日に当たる休日は、労働時間を8時間短縮します。

労働時間基準は、労働時間の上限を規定しています。労働時間は通常の労働時間(フルタイムの雇用など)よりも短い場合がありますが、長くすることはできません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

労働時間システム

労働時間システムは、特定の職場での労働時間を規制する一連の規則です。特定の労働時間システムの適用は、労働協約、労働規則、または通知から生じる必要があります。

労働時間システムの例:

  1. 基本:採用された決済期間の4か月を超えない期間で、労働時間は1日8時間、平均5日間の労働週で40時間を超えてはなりません。

  1. 同等:作品またはその組織の性質によって正当化される場合は許容されます。同等の労働時間システムでは、週平均の基準を維持しながら、8番目の労働日から逸脱することが可能です。延長された毎日の労働時間は、他の労働日のより短い労働時間または休日の設定によって相殺されます。同等の労働時間での決済期間は、原則として1ヶ月です(場合によっては3ヶ月または4ヶ月に延長することが可能です)。

  1. タスクベースの労働時間システム:仕事の種類、組織、または場所によって正当化される場合に許可されます。労働時間は、雇用主によって割り当てられたタスクによって異なります。それらの実行は重要であり、従業員が費やす時間ではありません。雇用主は、従業員が通常の勤務時間中にタスクを実行できるようにタスクを分散する必要があります。仕事の割り当てが従業員が通常の労働時間中にそれらを実行することを妨げた場合、仕事の労働時間の適用は、残業の報酬を支払う義務から雇用主を解放し​​ません。

タイムレコード

雇用主は、各従業員のタイムシートを保持する必要があります。次のような従業員向け:

  • タスクベースの労働時間システムによってカバーされ、
  • 雇用主に代わって職場を管理し、
  • 残業や夜間勤務の一時金を受け取る、

雇用主は労働時間の記録を保持する義務はありません。ただし、これらの従業員については、とりわけ次のことを記録する必要があります。

  • 日曜・祝日は、
  • 夜働く、
  • 平均5日間の労働週の労働時間スケジュールの結果として、非労働日に働く。
  • 休暇の使用期間、
  • 病気休暇の滞在期間。

労働時間と従業員の休息

労働時間スケジュールを設定する際には、中断のない休息に対する従業員の権利を考慮に入れる必要があります。従業員は、毎日少なくとも11時間の中断のない休息をとることができ、毎週少なくとも11時間の中断のない毎日の休息を含め、少なくとも35時間の中断のない休息をとることができます。

日常の休息の権利に関する規定は、雇用主に代わって職場を管理する従業員、および人命や健康の保護、財産や環境の保護、または障害の除去のために救助活動を行う必要がある場合には適用されません。 。

従業員の毎日の労働時間が6時間以上の場合、従業員は15分以上の休憩をとる権利があります。これは労働時間に含まれます。