職場での重大な事故-事故の資格

サービス

労働災害が発生した場合、雇用主には追加の義務があります。その一つが、どのような事故が発生したかを評価することです。事故を分類する方法は?職場での重大な事故とは何ですか?

労働災害は、外的要因によって引き起こされた突然の出来事であり、仕事に関連して怪我や死亡を引き起こします。

  • 従業員による通常の活動または上司の命令の実行中または実行に関連して;

  • 指示がなくても、雇用主のための従業員による活動の実行中または実行に関連して;

  • 従業員が雇用主の席と雇用関係に起因する義務の履行場所との間の途中で雇用主の処分にある間(労働災害に対する社会保険に関する2002年10月30日の法律の第3条(1))および職業病(以下、UWPと呼ぶ)。

従業員の負傷または死亡を引き起こす突然の出来事は、事故を被った人による従業員の活動の遂行に関連している限り、いつでもどこでも発生する可能性があります-2018年8月30日の最高裁判所の決定、英国360/17。

労働災害は、外的要因による突然の出来事でもあり、代理店契約、委任契約、または提供契約に基づく作業の遂行に協力しているときに、特定のタイトルの傷害保険期間中に発生した傷害または死亡を引き起こします。民法に従い、命令に関する規定が適用されるサービス(UWPの第3条(3)(7))。

事故が発生した場合の雇用主の義務

労働中に発生した事故に関連して、雇用主は、リスクを排除または軽減するために必要な措置を講じ、負傷者に応急処置を提供し、所定の方法で事故の状況と原因を特定する義務があります。同様の事故を防止するための適切な措置を適用する(労働法第234条第1項)。事故後の手続きの規則は、労働災害の状況と原因を決定することに関する2009年7月1日の閣僚評議会の規則で定義されています-以下、u.o.p.wと呼びます。

事故を起こした従業員は、健康状態が許せば、直ちに上司に事故について通知する必要があります。事故の状況と原因は、雇用主によって任命された事故チームによって決定されます。

  1. 事故の場所、機械およびその他の技術装置の技術的状態、保護装置の状態および作業の状態、ならびに事故の発生に寄与した可能性のあるその他の状況を検査します。

  2. 事故現場のスケッチを作成したり、写真を撮ったりします。

  3. 負傷者の健康状態が許せば、負傷者の説明を聞く。

  4. 事故の目撃者から事故に関する情報を収集します。

  5. 事故の種類と結果を評価するために必要な範囲で、医師および必要に応じて他の専門家に相談します。

  6. 事故に関する他の証拠を収集します。

2002年4月25日の判決でワルシャワの最高行政裁判所によって決定されたように、II SA 3189/01、LEX​​ No. 121876、「[j]事故に関する情報の取得に関連する雇用主の基本的な義務の1つ被災した従業員は、事故の状況と原因を特定し、事故が仕事に関連しているかどうかを判断するために事故チームを任命することです。適用される規制では、雇用主が上記の義務の履行から解放される状況は認められていません。そのような解雇の前提は、事故への従業員の明らかな貢献でも、事故と仕事の間の明らかな関連性の欠如でもないかもしれません。

事故後のチームには、労働安全衛生サービスの従業員と社会的労働監督官が含まれています。安全衛生サービスが確立されていない工場では、事故後のチームは、OHSサービスタスクの実行を雇用主に委託した雇用主または他の職場で雇用されている従業員、または職場外の専門家で構成されます。安全衛生サービスの従業員の代わりに。雇用主が社会的労働検査を受けていない場合、OSHの規定に従い、社会的労働検査官の代わりに事故後のチームがチームメンバーとしてOSHトレーニングの有効な修了証明書を持つ従業員の代表を含みます。トレーニング。

雇用主は、従業員数の不足、事故の状況および原因により、2人の事故後チームを設立する義務を果たせない場合、雇用主と職場外からのスペシャリスト。

事故の状況と原因が特定されるまで、雇用主は以下を除外する方法で事故の場所を確保する義務があります。

  • 許可されていない人を事故現場に入れること。

  • 事故により中断された機械およびその他の技術装置の不必要な試運転。

  • 機械やその他の技術機器の位置を変更したり、事故の原因となった他の物体の位置を変更したり、状況を再現したりすることができます。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

職場での重大な事故-資格

事故の発生に関する通知を受け取った結果として、雇用主はどのタイプの事故が発生したかを評価する必要があります-それが重大、致命的、または集団的事故であるかどうかを判断するために、その法的分類を行います。事故が重大、致命的、または集団的であるとみなされる場合、雇用主は関連する地区労働監督官および検察官に通知する義務があります。事故事件に関する情報を提供する義務は直ちに履行されるべきである(労働法第234条第2項)。

ただし、雇用主が従業員が被った事故を労働災害として事前に分類すべきかどうかを独自に判断できない場合は、医師が発行する負傷者の健康に関する意見を申請する必要があります。事故の状況と原因を明らかにするために必要な範囲で。被害者の事故の結果に関する医学的意見には、事故が重大な事故であるかどうかにかかわらず、明確な声明を含める必要があります。医師がその事件を職場での重大な事故と分類した場合、雇用主は医学的意見を受け取った直後に所管官庁に通知する必要があります。

労働災害の結果に関する医学的意見は、事故プロトコルの一部です。

職場での重大な事故は、次の原因となるものです。

  1. 失明、聴覚、発話、生殖能力、またはその他の身体的危害などの重度の身体的傷害。

  2. 体の基本的な機能を侵害する健康障害;

  3. 不治または生命を脅かす病気;

  4. 持続的な精神疾患;

  5. 職業で働くための全体的または部分的な無能力;

  6. 身体の永続的で重大な変形または変形(AEDの第3条(5))。

視力、聴覚、言語または生殖能力の喪失という形での重度の身体的損傷は、人の日常生活を困難または不可能にする重度の障害として理解されるべきです。重大な身体的危害は、視覚、聴覚、言語、または生殖能力の完全な喪失で構成されている必要があります。

健康状態の悪化とは、視力、聴覚、言語、または生殖能力の喪失以外の、身体の正常な機能の崩壊を意味します。

不治の病とは、現在の医学的知識によれば、薬学的にも外科的にも治癒することができない病気を意味すると理解されています。一方、生命を脅かす病気は犠牲者を死に至らしめる必要はありませんが、生命への脅威がなければなりません(例えば、神経系、呼吸器系、心臓血管系の障害、それにより人は期待することができますそれらの活動の抑制と停止、あるいは死さえも)いつでも。

深刻な生命を脅かす病気は、身体の損傷の結果であり、タイムリーで完全に正しい治療にもかかわらず、通常は致命的な結果に終わります-1979年12月27日の最高裁判所の判決、II KR 192/79、Lex No. 21849 。

精神疾患の発生とその持続性の両方を判断するために、常に医師との相談が必要になります。

再訓練後も仕事をする能力を失った人は、完全に仕事ができなくなります。一方、部分的に仕事ができない人とは、アートに記載されているように、資格のレベルに応じて仕事をする能力を大幅に失った人のことです。社会保険基金からの年金に関する1998年12月17日の法律の12。無能力は、現在実行されている職業と、負傷した従業員が資格を有する学習された職業に関連している必要があります。それはまた、以前のまたは学んだ職業を実行する可能性についての肯定的な予後の欠如、ならびに再訓練することができないことと関連しているはずです(例えば、掘削機のオペレーターの視力の喪失は、彼が学んだ職業を完全に実行することを妨げます)。

体の変形や変形は永続的で不可逆的でなければなりません。変形は、解剖学的変化(手の指の変形など)の結果です。一方、変形は、ほとんどの場合、身体の物理的変化(瘢痕、鼻の喪失など)が原因です。

事故の通知を怠った場合の制裁

管轄の地区労働監督官、検察官、またはその他の管轄当局に、芸術に従って職場での致命的、重大、または集団的事故を通知しなかった。 283§労働法の2ポイント6には、1,000ズウォティから30,000ズウォティの罰金が科せられます。

一方、上記の義務を故意に遵守しないことは、アートに基づく犯罪です。 1997年6月6日の法律の221-刑法は最大180日料金の罰金または自由の制限の罰則の対象となります。

従業員による職場での事故を報告した後、雇用主は最初の法的資格を取得します。これにより、そのイベントが職場での重大な事故と見なされるかどうかを判断できます。職場で重大な事故が発生した場合、雇用主は直ちに関連する地区労働監督官と検察官にその事件を通知する義務があります。しかし、専門的な医療知識を持たない雇用主は、従業員が被った事故を重大なものとして分類すべきかどうかを独自に判断できないことがよくあります。それから彼は事故を認定するために医者から意見を得る必要があります。事故が重大であると分類された場合、その事件について労働監督官または検察官に通知するのは雇用主の義務です。労働監督官または検察官に通知しなかった場合、罰金が科せられる犯罪であり、故意に義務を履行しなかった場合は犯罪と見なされる場合があります。