従業員の病気は必ずしも解雇を防ぐとは限りません

サービス

従業員とは、疾病保険に加入している人のことです。病気は一時的に働くことができない期間です。病気の期間中の従業員には多くの権利がありますが、彼らの状況はさまざまであり、多くの要因によって決定されます。従業員の病気は、必ずしも彼が解雇されるのを妨げるわけではありません。

保護期間としての従業員の病気

従業員の雇用期間が6か月未満の場合、雇用主が関係を終了する権利を得る前に、通常90日間保護されます。 6か月以上雇用されている従業員は、はるかに長く保護されます。

部下の人:

  • 彼はリハビリテーション給付を受けていませんでした、彼は病気のために報酬を受け取っている期間(182日)の間保護されています。従業員の病気が結核または妊娠によって引き起こされている場合-270日、
  • リハビリ給付(最大90日間徴収される可能性があります)を受け取った場合、それぞれ272(182病欠+ 90リハビリ日)または360(270病欠+ 90リハビリ日)の間保護されます。

回復する時間がなかったのですが、今は何ですか?

上記の期限が切れた後の場合締め切りのため、従業員の病気は続き、従業員はまだ仕事ができません。上司は、直ちに協力を終了する権利があります。

労働者の解決策は、回復後に復職を申請することです。病気の期間が終了した直後に、彼は元の雇用主に連絡し、そのような可能性(技術的、財政的)がある場合は、元の雇用主は彼を再雇用する必要があります。

職務に復帰した結果として就職した従業員は、失業期間中の報酬を受ける権利があることを強調しておく必要があります。そのサイズは、とりわけ、当初の雇用契約の通知期間から。

労働法第47条に従い、復職した結果として仕事を再開した従業員は、失業期間は2か月以内、通知期間が3か月の場合は3か月以内の報酬を受け取る権利があります。 1ヶ月。アートで言及されている従業員との雇用契約が終了した場合。 39、または妊娠中または産休中の従業員の場合、報酬は失業中の全期間にわたって支払われる必要があります。これは、育児休業中に子育て中の従業員・父親との雇用契約が終了した場合や、特別規定により雇用契約の終了が制限されている場合にも当てはまります。

2010年1月20日のシュチェチンの地方行政裁判所の判決によると、ファイル参照。 No. II SA / Sz 1240/2009、失業期間中の従業員への報酬額は、通知期間が3か月より短い場合、および通知が通知された場合の2か月間の報酬額に制限されます。期間は3ヶ月でした-1ヶ月間。

司法の道が残っている

残念ながら、アートにもかかわらず。会社の清算または破産の場合に病気の従業員を保護する労働法の53、もはや援助を保証する規定はありません。ただし、これは破産/清算が本格的なプロセスであり、悪い状態の噂ではない状況に適用されます。そのような状況では、従業員の病気は彼の解雇を妨げることはありません。

維持費が不足しているために病気休暇を取っている従業員を解雇すると、彼の側で訴訟が発生する可能性があります。無期限に締結された雇用契約の裁定された終了が根拠のない、または雇用契約の終了に関する規定と矛盾する場合、終了の無効性および従業員の復職の必要性について判断を下すことができます(元の雇用契約で指定された条件)または補償の支払い。

このようなプロセスの後に職場に復帰したい従業員は、裁判所の決定から7日以内に職務を遂行する準備ができていることを報告する必要があります。