居住者証明書-特別な場合

サービス税

居住地を持たない自然人またはポーランド共和国の領土内に設立されていない法人は、ポーランドの税法に従ってポーランドで得られた特定の所得に課税する必要があります。

同様に、ポーランドの税務上の居住者は、取得した国で海外で得た特定の所得に課税する必要があります。

これらの所得の大部分の課税は、二重課税の回避に関する協定の内容を考慮に入れています。

その過程で、まだ居住証明書を持っているかどうかという問題があります。

では、さまざまな国で受け取った所得に課税する場合、納税者はどのように行動する必要がありますか?

ポーランドで無制限の納税義務を持つポーランドの税務上の居住者

ポーランド国民、つまり、ポーランドに恒久的または場合によっては一時的に居住している自然人、またはポーランドに登録事務所を持っている法定人は、ポーランドの税法に従ってすべての収入を決済する義務があります。ポーランドですべての所得に課税される自然人:

  1. いわゆるポーランド共和国の領土における重要な利益の中心または

  2. ポーランド共和国の領土に、所得の決済に関連する課税年度に183日以上滞在します。

自然人は上記の条件のいずれかを満たすだけで十分であり、ポーランドのすべての収入に対して無制限の課税の対象となる人としての資格があります(そのような収入源の場所に関係なく)。

ポーランドと海外の両方で所得を得る法人の場合、課税国の管轄と得られた所得の課税方法の両方を決定したい場合は、居住証明書を申請する必要があります。

ポーランドで得られた所得の課税は、無制限の納税義務を持つ自然人または法人および制限された納税義務を持つ人によって、二重課税回避協定を使用して実行されます。

二重課税の回避に関する合意

何年も前に二重課税の回避に関する合意は、ポーランド政府と世界のほぼすべての国の政府との間で別々に締結されました。

これは、この課税協定の当事者である国の1つの居住者に適切な課税場所を規制します。

  1. 個人所得税-PIT、

  2. 法人所得税-CIT。

二重課税を回避する方法と、場合によっては課税の割合(納税者が両国の所得に部分的に課税する場合)について説明します。

さらに、特定の契約に含まれる税法がどのタイプの所得に適用されるかを示します。これらはi.aです。関連する収入:

二重課税防止条約に含まれる典型的な種類の所得

いいえ。

からの収入(収入):

1.

不動産

2.

企業利益

3.

国際輸送における船舶または航空機の運航からの利益

4.

関連企業の利益

5.

配当

6.

パーセンテージ

7.

使用料

8.

財産所有権の譲渡による利益

9.

専門家および契約業務

10.

取締役の報酬

11.

アーティストやアスリートの利益

12.

年金および同様の支払い

13.

公務員の給与

14.

教授および科学技術職員の給与

15.

学生の給与

16.

他の利点

居住者の証明書とそれを使用する義務

居住者証明書とは、次のことを意味します。

  1. 自然人の場合(PIT所得税による課税)-納税者の居住地の国の管轄税務当局によって発行された、税務上の納税者の居住地の証明書。

  2. 法人の場合(CITによる課税)-納税者がその席を持っている州の管轄の税務当局によって発行された、税務上の納税者の席の場所の証明書。

納税者は、次の場合に居住証明書を管轄の税務当局に提出する義務があります。

  1. 限られた法定責任の対象となる国で年次納税申告書を提出する。

  2. 転送;

  3. 所得税の過払いの返還;

  4. 所得税の負債または延滞を分割払いに分散する。

  5. 繰延所得税の支払い;

  6. 他の状況の発生。

在留証明書の有効期限と責任
納税者と納税者の納税者

ピット

CIT

納税者の税務上の居住地が有効期間を含まない居住証明書で文書化されている場合、納税者は、税金を徴収する際に、その日付から次の12か月間この証明書を考慮に入れます。問題。

納税者の税務上の居住地が有効期間を含まない居住証明書で文書化されている場合、納税者は、税金を徴収するときに、その日付から次の12か月間この居住証明書を考慮に入れます。その問題の。

証明書の発行日から12か月以内に、納税者の​​税務上の居住地が変更された場合、納税者は新しい居住証明書を使用して税務上の居住地を直ちに証明する義務があります。

証明書の発行日から12か月以内に、納税者の​​税務上の座席の場所が変更された場合、納税者は新しい居住証明書を使用して税務上の座席を直ちに証明する義務があります。

納税者が上記の義務を履行しなかった場合、納税者は、納税者による徴税の不履行または納税額よりも少ない金額の徴税に対して責任を負うものとします。

納税者が新たな居住証明書を取得する義務を履行しなかった場合、納税者は、納税者が税金を徴収しなかった場合、または納税額よりも少ない金額で税金を徴収しなかった場合の責任を負います。

納税者が保有する書類、特に請求書や契約書に、納税者の​​税務上の居住地が証明書の発行日から12か月以内に変更され、納税者が取得義務を遵守していないことが示されている場合新しい居住証明書、次に納税者:

  • 発行日から12か月間の納税者の以前の居住証明書を考慮に入れることができません。

  • 税金の徴収の失敗または間違った金額の徴収については責任を負いません。

納税者が保有する書類、特に請求書や契約書に、納税者の​​税務上の席の場所が証明書の発行日から12か月以内に変更され、納税者が以下の義務を遵守していないことが示されている場合新しい居住証明書を取得してから、納税者:

  • 発行日から12か月間の納税者の以前の居住証明書を考慮に入れることができません。

  • 税金の徴収の失敗または間違った金額の徴収については責任を負いません。

コンサルティング、会計、市場調査、法律サービス、広告、管理および管理サービス、データ処理、従業員の採用および調達サービス、同様の性質の保証および確実性と利益からの収入の場合、税務上の納税者の居住地同じ事業体に支払われる債権の金額が課税年度に10,000PLNを超えず、提出された居住証明書のコピーから得られた情報が合理的な疑いを引き起こさない場合は、居住証明書のコピーで確認できます。事実の遵守に関して。

福利厚生からの収入の場合:アドバイザリー、会計、市場調査、法律サービス、広告サービス、管理と管理、データ処理、従業員の採用と調達サービス、同様の性質の保証と確実性と福利厚生、納税者の​​席の場所同じ事業体に支払われる債権額が暦年で10,000PLNを超えず、提出された居住証明書のコピーから得られた情報がそうでない場合、税務上、居住証明書のコピーで確認することができます。事実の遵守に関して合理的な疑問を提起する

納税者は、正当な場合には、居住国を変更する権利を有することに注意する必要があります。

ポーランド居住者による株式の償還

事業を営んでいるが事業を営んでいないポーランドの税務上の居住者は、貯蓄を割り当てるさまざまな可能性を探しています。その1つは、海外にあるポーランドの工場を通じて、外国企業の株式や株式を専門的に取引していないポーランドの自然人(ポーランドの税務上の居住者)による外国株式の取得とその後の利益での転売です。

ポーランドの納税者は、米国で発行された証券の幅広い市場での株式の購入にますます関心を持っています。ポーランドの納税者がエンティティXの株式を取得し、X社とY社が合併し、ZがYの唯一の株主になる場合があります。この合併の結果、Y社は存在しなくなり、Z社がの唯一の株主になります。 X社、および既存の株式など。合併会社Xのポーランドの納税者の1人が報酬と引き換えられます。

合併したX社とY社の株式の償還にポーランドで課税すべきかどうか、またどのように課税すべきかという疑問が生じます。

ポーランド法の規定-商業会社のコード(以下、商業会社コードと呼びます)は、資本会社の株式または株式の償還を次のように規定しています。

  1. 自発的な償還、すなわち、会社の株式が償還された後に株主(パートナー)による同意を発行することによる。

  2. 株主の同意なしに発生する強制(自動)償還。

アートを参照してください。 24秒個人所得税法(以下、PIT法といいます)の5では、株式の償還は課税所得をもたらす可能性があります。

  1. 法人の利益のために株式を保有しているため-この場合、強制償還として商事会社法の規定に従って資格があります。つまり、株式は会社または他のエンティティに所有権を譲渡せずに償還されます。現在の株主は変わらないため、償還時に償還から収入を得ることになります。

  2. 報酬のための株式の売却から(償還の目的で)-この場合、商社法の規定に従って自主的な償還として適格とされます。つまり、最初に、株式は現在の所有者によって会社に売却されます。次に、会社はこれらの株式を償還します。つまり、この場合の収入は、株式の売却の段階ですでに発生しています。

上記のケースを分析する場合、ポーランドの居住者の株式は、彼が常に所有者であったときに償還されたため、商業会社法のポーランドの規定に基づいて、強制的に分類されることを強調する必要があります。 (自動)償還により、法人の利益への参加からポーランドの自然人に収入がもたらされます。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

1974年10月8日のポーランド共和国政府とアメリカ合衆国政府の間の二重課税防止条約がアートで行われたことは注目に値します。 11は、米国のいずれかの州で事業を行っている会社の株式の償還による自然人であるポーランドの税務上の居住者の所得が、ポーランド共和国の領土で課税されることを示しています。

アートの下で。 24秒PIT法の5ポイント1では、法人の利益への参加による収入は、株式の売却だけでなく、株式(株式)の償還またはその価値の低下からの利益を構成します。

株式の償還による収入は、償還により得られた収入の購入費用に対する剰余金となります。株式が相続または寄付によって取得された場合、控除可能な費用は、これらの株式の購入のために遺言人または寄付者が負担した費用になります。

得られた余剰の課税は、アートに従って修飾されるべきです。 30a段落。 PIT法の1ポイント4、つまりこの状況では納税者の仲介がないため、ポーランドの税務上の居住者は、得られた余剰分から19%の定額所得税を徴収する必要があります。もちろん、課税の方法は、居住証明書を考慮に入れて、ポーランドと米国の間の二重課税の回避に関する協定の前述の規定に従う必要があります。

なお、アートに関連する株式の償還による所得の発生による取得費用を除き、取得費用を減額することなく、19%の定額所得税が徴収されます。 24秒PIT法の5ポイント1。ポーランドの納税者は、償還が行われた年の年次納税申告書PIT-36に得られた収入を表示します。

上記の立場は、2019年10月29日のシュチェチンの地方行政裁判所の判決で確認されています(参照番号I SA / Sz468 / 19)。

法律サービスの提供に対する報酬の支払い

ポーランドの企業は、EU加盟国だけでなく、EU以外の国にも商品を販売することがますます多くなっています。アメリカ合衆国は、ポーランドの商品の受取人の1人です。このため、ポーランドの企業は、米国の法律事務所のサービスを利用する場合があります。これらの法律事務所は法人ではないことが多く、その所得はパートナーのレベルで課税されます。

この場合、ポーランドの企業はしばしばいわゆる米国の法律事務所のすべてのパートナーの名前と名前のみを含む居住者の集合証明書と、パートナーが米国の税務上の居住者であるという地方税務当局の宣言。

したがって、IFT-1 / IFT-1Rの年次情報を入力する際に​​、米国の法律事務所(パートナー)の支払済み債権に対する税金を決済するために必要なデータはありません。ポーランドの企業は、個々のパートナーの法律事務所の利益に占める割合についての声明を受け取ることもありますが、それでも問題は解決しません。

ポーランドの会社はそのような状況でどのように振る舞うべきですか?

アートとして。 8秒ポーランドと米国の間の前述の二重課税防止条約の1では、締約国の企業からの利益は、企業がそこにある恒久的施設を通じて他の締約国で事業を行っている場合を除き、その州でのみ課税されるべきです。企業が前述のように事業を営む場合、企業の利益は他の締約国で課税される可能性がありますが、その恒久的施設に起因するものだけです。

アメリカの法律事務所のパートナーは納税者であり、法律事務所ではないという事実のため、収入の特定はアートに従って行われるべきです。 8秒PIT法の1であり、したがって、法人ではない会社への参加からの収入、共同所有、共同ベンチャー、共同所有、または各納税者の財産または財産権の使用からの収入は、彼の共有する権利に比例して決定されます。利益(シェア)であり、規模に応じて所得が課税されるソースからの他の所得とリンクしています。反対の証拠がない場合、利益参加(シェア)の権利は同等であると想定されます。

法律事務所のパートナーが取得した収入に課税場所を適切に割り当てるには、各パートナーの居住証明書を取得する必要があります。これには、次のデータが含まれます。

  1. 住所、

  2. 納税者の名前と名前、

  3. 父と母の名前、

  4. 生年月日と場所、

  5. 納税者識別番号とこの番号の発行国。

ただし、居住者証明書は各国の国内規則に従って発行されることに留意する必要があります。したがって、多くの納税者(自然人)に関係する場合は、集合的な形式など、さまざまな形式で発行される可能性があります。

このタイプの文書は引き続き有効であり、証明です。税務上の実際の居住地を決定するための確認です。したがって、そのような納税証明書は、米国の法律事務所のパートナーがポーランド共和国の領土で収入を得ており、税務上の居住地が米国の領土にあることを文書化しています。米国(居住地による)会社のパートナーは、その収入源の場所に関係なく、各アメリカ合衆国によって指定された収入源の下で無制限の納税義務の対象となります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

したがって、この特定のケースでは、アートに従って受けた法律サービスの料金の支払いの下で、ポーランドの会社。 29秒PIT法の1ポイント5は、提供された法律サービスに対して支払われたこの債権の各部分(米国の法律事務所の利益におけるパートナーの割合)の支払われた債権に対して定額の所得税を徴収する義務を負いません。

また、アートに準拠。 42秒PIT法の2ポイント2、所得税の支払者であるポーランドの会社は、法律事務所のパートナー、すなわちポーランドの納税者ではない外国の自然人(ポーランドでの限られた納税義務の対象)に送る義務があります。外国人への課税を担当する税務署長が、課税年度の翌年の2月末までに業務を遂行する税務署-個人情報。

この情報、つまりIFT1 / IFT1-Rは、ポーランド共和国の領土でアメリカの法律事務所のパートナーによって達成された収入額を文書化しています。ただし、ポーランドの会社がこの情報の準備に必要な前述のデータの取得を拒否した場合、IFT1 / IFT1-Rを完成させて、パートナーにも管轄税務署にも送信する義務はありません。

上記の見解は、2010年9月16日の最高行政裁判所の判決(参照番号II FSK 1989/08)または2015年1月29日の最高行政裁判所の判決(参照番号II FSK 127/13)によって確認されています。いわゆるアプリケーションルール impossibilium nulla obligatioest。