相乗り-所得税の対象になりますか?

サービス税

経済発展のダイナミクスにより、ますます多くの人々が彼らの恒久的な居住地の外に旅行する必要性と相まって彼らの職場を変えることを決定しています。特定の場所間で利用可能な通信の種類によっては、職場への移動に自家用車を使用する必要がある場合があります。いわゆる旅費(相乗り)への参加と引き換えに、さまざまな人々の共同旅行。個人の乗客の旅費の払い戻しを受けるドライバーは、PIT法に基づいて課税所得を受け取りますか?

相乗りとは何ですか?

相乗りは、旅行のすべての参加者間で特定のルートでドライバーが負担する費用を共有することに基づく旅行計画システムにすぎません。ライドシェアリングは、ドライバーが車の空席を利用できるようにする場所であり、実際の旅行費用のほんの一部をカバーする燃料の払い戻しと引き換えに利用できます。

共同旅行の背後にある考え方は、車を持っていない人が同じ方向に移動して払い戻しを受けることができるようにしながら、目的地までのドライバーの旅行のコストを削減することです。これは、特に運転手がさまざまな理由で旅費を負担しないか、他の人(乗客ではない)によって払い戻される場合、ルートに乗客を連れて行くことによって収入を得ることが禁じられていることを意味します。

ドライバーと一緒に旅行したい人との連絡は、ほとんどの場合、規制に基づいて動作する専用のモバイルアプリケーションとオンラインプラットフォームを使用して行われます。

例1。

コワルスキーがXからYまで両方向に200km毎日通勤する方法。彼は事業活動を行っておらず、特に輸送サービスを提供していません。自家用車で毎日走行するキロメートル数が多いため、彼は市場で入手可能なモバイルアプリケーションの1つを使用する予定です。これにより、特定の目的地に旅行したいドライバーと同じ目的地または同じ目的地に旅行する乗客との連絡を確立できます。ドライバーのルート上で、乗車を共有し、関連するコストを共有できるようにします。

相乗りは集合輸送のカテゴリーに分類できますか?

公共の集合輸送の定義はアートに含まれています。公共交通機関は一般的にアクセス可能であると考えられている公共交通法の4ポイント14。定期的な旅客輸送は、特定の間隔で、特定の通信回線、通信回線、または通信ネットワークに沿って実行されます。

いわゆるを区別する要因組織化された集合輸送からの相乗りは、集合輸送の場合のように、乗客の要求だけでなく、ドライバーの旅行の際に相乗りが行われるという事実です。これは、運転手が行われている旅のためにまだ費用を負担しなければならないことを意味します。乗客に車内の場所を提供することは、旅行に関連してドライバーが負担するコストを削減することだけを可能にします。したがって、運転手は、乗客から受け取った金額が旅行の費用よりも高い場合にのみ課税される可能性があります。発生した費用を超えない金額は課税されません。

また、組織化された公共交通機関の場合、特定の間隔で特定の通信回線(固定ルート)があります。カープーリングを使用すると、カープーリングをさまざまな場所、つまり車両の所有者(所有者)が現在移動している場所に編成できます。

相乗りと個人所得税

アートに準拠。 9秒PIT法の1では、アートに記載されているものを除き、すべての種類の所得が所得税の対象となります。 21、52、52a、52c、および税法の規定に従って徴税が放棄された所得。

上記の内容からしたがって、この規定により、所得税による課税は、法の対象免税のカタログに立法者によって徹底的に記載されているもの、または財務大臣が持っているものを除いて、納税者が取得したすべての種類の所得に適用されます。条例による徴税は差し控えた。

収入は、課税年度にそれらを取得するためのコストに対するこのソースからの収入の合計の余剰です。税控除の対象となる費用が収入の合計を超える場合、その差は収入源からの損失です。したがって、個人所得税は、一般的に納税者の財産の増加として理解される所得税の対象となります(税控除可能な費用に対する所得の余剰)。

PIT法は、収入源と個々の源泉からの所得に課税する方法を明確に区別しています。この法律の規定に従い、アートでは個別の収入源が定義されています。 10秒1ポイント2、3、6、9:

  1. 直接行われる活動(ポイント2);
  2. 非農業経済活動(ポイント3);
  3. 賃貸、サブレット、リース、サブリース、および同様の性質の他の契約。これには、リース、農業生産の特別部門および非農業目的の農場またはそのコンポーネントのサブリース、または資産を除く農業生産の特別部門の運営が含まれます。経済活動に関連する(ポイント6);
  4. 他の情報源(ポイント9)。

アートに準拠。 5a PIT法のポイント6、経済活動または非農業経済活動は有益な活動です。

  1. 製造、建設、貿易、サービス;
  2. 鉱床から鉱物を検索、特定、抽出することで構成されています。
  3. 物や無形資産の使用で構成されています

-結果に関係なく、組織化された継続的な方法で独自に実施され、そこから得られた収入は、アートにリストされたソースからの他の収入に含まれません。 10秒1ポイント1、2、4-9。

2019年10月28日の個別判決で国税情報局長が示したように、0114-KDIP3-2.4011.443.2019.3.EC、

上記の資格を得るために不可欠な問題適切な収入源への収入は、一緒に旅行するために乗用車の自由席を他の人々と共有することが非農業経済活動の特徴を持っているかどうかを評価することです。上記のアートに含まれる定義の内容。個人所得税法の5aポイント6は、特定の活動を経済活動として認識するためには、とりわけ、 3つの条件の累積的な達成:第1に、問題の活動は有益な活動である必要があり、第2に組織化された活動であり、第3に継続的に行われる必要があります。

したがって、経済活動は次のようなものです。

  • 収入を得るために行われ、この活動から生じる可能性のある損失でさえ、収入を得るという意図そのものが不可欠であるため、経済活動のステータスを奪うことはありません。
  • 継続的に実行されます。ただし、この条件は、中断することなく活動を遂行する必要があると理解されるべきではありません。重要なのは、収入を得るために特定の活動を繰り返す意図です。たとえば、同じ性質、機能目的、
  • 組織化された方法で実行されます。つまり、実行されるアクションは、適用されるルールと規範に従い、目標を達成するのに役立ちます。これらは、保有する資金の合理的な管理に影響を与え、したがって経済的売上高への参加に影響を与えます。

上記を考慮して、PIT法に基づき、適切な収入源に相乗りを提供する納税者がとった行動を認定するために、車の旅に関連する活動の意図、状況、目的を評価する必要があります。'

そもそも納税者(車の所有者/所有者)は収入がありません。彼は燃料費を取り戻します。受け取った通行料が旅行の費用を超えたときに収入が得られます-超過している必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

第二に、経済活動の遂行とそれが組織化される方法の継続性は、それを実行するという比較的一定の意図を意味します。相乗り活動を行うことにより、納税者は私有財産の通常の管理を行います。乗用車による共同旅行は、芸術で指定された経済活動の特徴を使い果たすような組織的かつ継続的な活動の一部としては行われません。 5aPIT法のポイント6。納税者は旅客輸送の分野で事業を営むことはないことを念頭に置いて、彼は常に自分の事前に計画された旅行で乗客を迎えに行きます。納税者は、個人的な目的のために、乗客が選択した場所に乗客を連れて行くのではなく、一人で行く場所に連れて行きます。

したがって、納税者は、旅行中に乗客を迎えに行き、その間、個人的な目的で自家用車を使用する自然人として行動し、その結果、課税所得は発生しません。乗用車の空席を他の人に提供して、乗客の旅費の一部と引き換えに一緒に旅行することは、納税者が所得税の対象となる所得を得ることになりません。財産の増加がなく、納税義務が発生した場合。

上記の理由により、受け取った補助金は、PIT課税の基礎となる所得を構成するものではありません。