VAT納税者のホワイトリスト-請求書の種類と支払い方法

サービス税

ホワイトリストの規定が発効すると、納税者の​​間で多くの疑問が生じました。救済のために(遅れはあるものの)VAT納税者のリストに関する説明がありました。それにもかかわらず、納税者は、さまざまな銀行口座への支払いと納税者のホワイトリストとの関係、およびVAT納税者のホワイトリストに含まれるアカウントについて疑問を持っています。それをチェックしよう!

VAT納税者のホワイトリスト-どのような請求書が含まれていますか?

アートに準拠。 96b段落。 VAT法の3ポイント13、リストには、会員の事業活動に関連して開設された、会員である協同組合貯蓄信用組合の正式な決済口座または登録口座の数が含まれています-身分証明書申請書または更新申請書に示されていますアートの意味でのSTIRの使用で確認されました。税法の119zgポイント6。 ROR(プライベート)アカウントは納税者のホワイトリストに含まれていません。

VAT納税者のホワイトリストと請求書と支払いの種類

仮想アカウントへの支払い

仮想アカウントはメインアカウントにリンクされています。それらは納税者のリストに含まれていません、それは彼らが確認されるべきであるという事実を変えません。検証は、VAT納税者のホワイトリストが、それが「メイン」決済アカウントにリンクされているアカウントであるかどうか、およびホワイトリストにあるかどうかの情報を送り返すという事実にあります。 リスト外のアカウントへの支払いの結果については、記事「VAT納税者のホワイトリスト-納税者にどのような影響がありますか?」で詳しく説明されています。

外国企業の口座への支払い

ポーランドの起業家が、外国の識別番号(EU納税者の場合、通常はEU VAT番号)を使用し、他国の領土から商品またはサービスを提供する外国の起業家から購入する場合。

  • 商品のコミュニティ内配送、
  • 商品の輸出、
  • サービスの輸出、
  • 購入者が決済する必要のある商品の配送、

彼は納税者のリストにある支払いのために示された口座の番号をチェックする義務はなく、同時に彼はいかなる結果も被りません。

外国の納税者がポーランドでアクティブなVAT納税者として登録され、ポーランドでVATの対象となる取引を行う場合、彼はポーランドのVAT納税者として扱われるため、彼の銀行口座は納税者のホワイトリストに含まれる必要があります。

外国銀行が保有する口座への支払い

ポーランドに支店を持たない外国銀行が保有する口座は、納税者の​​ホワイトリストに含まれていません。さらに、次の場合:

  • トランザクションが15,000を超えていますズウォティ、
  • アクティブなVAT納税者からの請求書で文書化されました
  • 外国の口座(リストに含まれていません)が支払いの口座として示されました、

購入者がリスト外のアカウントへの支払いの結果を被らないように、購入者は、注文日から3日以内に、ホワイトリストに含まれていないアカウントへの支払いに関する通知をZAW-NRに提出する必要があります。売り手のために有能な税務署の長への支払い。 ポーランドでは、外国銀行が支店を通じて営業している可能性があり、銀行法の規定の対象となるため、外国銀行から報告された口座(支店)が納税者リストに含まれる場合があることに注意してください。

自国の経済口座または銀行とSKOKの譲渡口座への支払い

銀行や信用組合の独自のエコノミーアカウントまたはセッションアカウントの使用は、BANK / SKOKによって次の目的で使用されるため、独自の特異性があります。

  • 商品やサービスの販売に関連する独自の決済を行う、
  • 銀行が購入した現金債権の決済/ SKOK(債権の譲渡)、
  • 金融サービスの提供、
  • その因数分解活動。

これらのアカウントは納税者のホワイトリストではありません。それにもかかわらず、財務省によって発行された説明は、銀行/ SKOKまたは請求書の発行者であるエンティティは、特別なタイプの割り当ておよび所有のエコノミーアカウントに対してバイヤーが支払いを行うことを通知する必要があることを示しています。納税者の場合:

  • 通知されます-納税者リスト外のアカウントへの支払いに影響はなく、ZAW-NRに通知を提出する必要はありません。
  • 通知されません-納税者は、提示された請求書が納税者のリストに含まれていないアカウントであると想定する必要があります。これにより、特定の税務上の影響が生じます。

アカウントを信頼して預金するための支払い

信託口座とエスクロー口座は納税者のホワイトリストに含まれていません。したがって、エスクローおよび預金口座への支払いがアクティブなVAT支払人による請求書によって確認された場合、買い手は、税務上の悪影響を回避するために、税務署長に通知をZAW-NRに提出する必要があります。支払い注文日から3日以内の売り手のため。ホワイトリストに含まれていないアカウントへの支払い。

執行吏または執行当局の口座への支払い

執行吏または執行当局によって押収された売掛金に関して支払いを行う納税者は、示された支払い口座が納税者のリストに含まれているかどうかを確認する必要はありません。これは、保安官または執行当局への支払いは、購入した商品またはサービスの支払いを構成せず、そのような取引は、アートで指定された取引とは関係がないという事実によるものです。法の19-起業家法。

保険会社による第三者の請求処理への支払い

保険会社が請求を処理する第三者に支払う場合、その支払いが被保険者または受益者に対する損害賠償責任の履行を構成する場合、そのような取引は次のようになります。

  1. アートで言及されている取引の定義を満たしていません。 19法-起業家法、
  2. 納税者は、納税者の​​ホワイトリストに対して売り手が示したアカウントを確認する必要はありません。

納税者と支払い注文のホワイトリスト

次の形式で送金を行う納税者の場合:

  1. 支払いが延期された注文の転送、
  2. 転送の自動振込、
  3. 口座引落、

振込をご注文いただいた日には、納税者が銀行に振込を命じた日が表示されます。要約すると、納税者の​​ホワイトリストに示されている口座への支払いを注文した日は、納税者が指示を提出した日となります。 支払いが延期された期間、または継続注文の対象となる期間、つまり口座からの引き落としの日付は重要ではありませんが、送金の注文日は重要です。

外部事業者によるオンライン決済

支払いカードまたはPayPal、PayU、DotPayなどの外部オペレーターのサービスを介した支払いの規制は、送金の形での支払いとは見なされません。したがって、上記の方法での支払いは、費用を税金費用および連帯責任としてVATに分類する可能性を失うという形で負の税効果をもたらすことはありません。つまり、上記の場合、送金以外の支払い方法で支払いを行う場合、購入者はどのアカウントに資金が入金されるか(このアカウントがリストにあるかどうか)を確認する必要がありません。 VAT納税者のホワイトリストについて説明している以下の記事もお読みください。
-> VAT納税者のホワイトリスト-一言で言えば!
-> 
口座番号が納税者のホワイトリストに載っていません-どうすればよいですか?
-> VAT納税者のホワイトリスト-請負業者を確認する方法は?

売掛金の相殺-補償

アートに準拠。法第498条-民法、2人が互いに債務者および債権者である状況では、両方の請求の対象が金銭である状況では、それぞれが相手方の請求に対して請求を相殺することができます。または、種に関してのみマークされた同じ品質のものであり、両方の請求は期限が到来しており、裁判所または他の州当局の前で追求される可能性があります。

したがって、相殺の結果として買い手が支払われるべき金額を持っていない限り、相殺の場合、リストに含まれる口座に負債を支払う義務は発生しません。次に、トランザクションの値が15千を超える場合、この金額。 PLNと請求書は、アクティブなVAT納税者によって発行されたものであり、納税者の​​ホワイトリストにあるアカウントに支払う必要があります。 起業家が債務控除を使用して15,000PLNの制限を計算する場合、これは(納税者のリストからのアカウントに)現金以外の支払いを行う義務を課します。残りの金額ではなく、請求の全額を受け取る必要があります。控除後。 例1。

Patrycja氏は、X社(アクティブなVAT納税者)から16,000ズウォティの建設資材を購入し、この金額のVAT請求書を受け取りました。同時に、X社はPatrycja氏に、彼女の会社が実施した改修のために10,000ズウォティの金額を支払う義務があります。両当事者は、債権を補償することに合意し、その結果、パトリチャ女史は6,000ズウォティ(16,000ズウォティ-10,000ズウォティ)の追加金額を支払う義務があります。取引の総額は16,000ズウォティであるため、支払う金額はVAT納税者のリストに含まれているアカウントに支払う必要があります。

例2。

Patrycja氏は、X社(アクティブなVAT納税者)に建築資材の購入に対して9,000ズウォティの金額を支払う義務があり、この金額の請求書を受け取りました。同時に、X社はPatrycja夫人に絵画材料の供給のために5,000ズウォティの金額を支払う義務があります。両当事者は、債権を補償することに合意しました。その結果、パトリチャ女史は4,000ズウォティ(9,000ズウォティ-5,000ズウォティ)の追加金額を支払う義務があります。取引の全額が9,000ズウォティ(つまり、15,000ズウォティ未満-制限)であるため、VAT納税者のリストに含まれているアカウントに支払う金額を支払う必要はありません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

前払いまたは分割払い

納税者が前払いまたは分割払いの形で支払いを行う状況では、納税者の​​ホワイトリストの制限(PLN 15,000)は、単一の支払いではなく、トランザクション全体に適用されます。したがって、分割払いまたは前払金での支払いが支払い方法として指定されている場合でも、購入者は支払い方法を選択する際に、購入請求書から生じる総額の取引の合計を考慮する必要があります。したがって、トランザクションの合計値が15,000を超える場合それに伴う悪影響を回避するために、納税者は現金で、または納税者のホワイトリストにない銀行口座への送金の形で支払いを行うべきではありません。 取引額がPLN15,000以上の場合、 PLN、個別の支払いは、分割払いまたは事前に行われる場合でも、納税者の​​ホワイトリストにある口座への銀行振込で行う必要があります。 例3。

ハリナさんはサーバーを購入したため、売り手(VAT納税者)から、指定された支払い方法(分割払い)で総額21,000ズウォティの請求書を受け取りました。受け取ったスケジュールに従って、購入者は2回の分割払いを支払う必要があります。

  1. 現金で10,000PLNの場合、
  2. 納税者リストの口座に送金することにより、11,000ズウォティの金額。

取引が総額15,000PLNを超え、売り手がアクティブなVAT納税者であるという事実により、ハリナ女史は現金での支払いの結果を負担します。この金額では、会社の費用に費用を含めることはできません。

例4。

Włodzimierz氏はアイスクリーム製造機を購入したため、売り手(VAT納税者)から、指定された支払い方法(分割払い)で総額16,000ズウォティの請求書を受け取りました。受け取ったスケジュールに従って、購入者は2回の分割払いを支払う必要があります。

  1. 納税者リストに含まれていない口座への送金による11,000ズウォティの金額。
  2. 納税者リストから口座に送金することにより、5,000ズウォティの金額。

取引が総額15,000PLNを超え、アクティブなVAT納税者から購入されたため、Włodzimierz氏は、納税者リスト外のアカウントへの支払いの結果を負担します。この金額には、含めることができません。税金の費用であり、VATの売り手に対して共同で個別に責任を負います。

wFirma.plシステムのVAT納税者のホワイトリスト

wFirma.plシステムを使用すると、売り手から受け取った請求書を転記しながら、売り手の銀行口座をすばやく確認できます。このオプションは、次のスキームを使用して請求書を入力する場合に使用できます。経費»会計»追加»付加価値税請求書および次の条件が満たされている場合。

  • サプライヤーはアクティブなVAT納税者です(システムは自動的にVATステータスを確認します)。
  • 取引の総額は少なくとも15,000PLNです。ズウォティ、
  • 請負業者の銀行口座番号が完成し、
  • お支払い方法として銀行振込を選択しました。



次の場合、システムは銀行口座番号を確認します。
-示された日付のアクティブなVAT支払人:

  • 有料または
  • 上記の項目の日付が完了していない場合は、VAT会計日付の項目に示されている日付に検証が行われます。

-示された日付にVATを免除される納税者:

  • 有料アイテム(補充されている場合)または
  • INVOICE ISSUEDATEアイテムにあります。

SAVEオプションを使用した後、次の場合。

  • 請求書はリストにあります-システムはあなたが費用を記録することを可能にします、
  • アカウントがリストにありません-システムは次のメッセージを送信します:


wFirma.plシステムのVAT納税者のホワイトリストについては、ヘルプ記事「wFirmaシステムのVAT納税者のホワイトリスト」で詳しく説明されています。