会社の貢献-知る価値があります!

サービス税

事業を営む起業家はしばしばその形態を変えます。多くの場合、既存の企業は再構築され、別の分野に適応しています。実際には、企業の一部だけが実際に変革されることが起こります。企業の貢献はどのようになっていますか?会社の移転に関連してどのような義務が待ち受けていますか?納税者の費用はいくらですか?私たちの記事で調べてください!

企業の概念

税法の規定には企業の定義は含まれておらず、この点で民法の規定を参照しています。アートに準拠。民法第551条では、企業は、事業活動を目的とした無形および重要な要素の組織化されたグループとして定義されています。特に以下が含まれます。

  1. 企業またはその個別の部分を個別化する指定(企業の名前);
  2. 設備、材料、商品および製品を含む不動産または動産の所有権、および不動産または動産に対するその他の権利。
  3. 不動産または動産の賃貸および賃貸契約から生じる権利、およびその他の法的関係から生じる不動産または動産を使用する権利。
  4. 売掛金、有価証券の権利および現金。
  5. 譲歩、ライセンスおよび許可;
  6. 特許およびその他の工業所有権;
  7. 所有権および財産関連の権利。
  8. ビジネスの秘密;
  9. 事業運営に関連する書籍や文書。

立法者が含む「特に」という用語は、この規定に含まれるリストがオープンカタログであり、模範的であることを示しています。これは、販売された有形および無形資産のセットがアートの意味の範囲内で企業を構成するかどうかを決定することを意味します。民法第551条では、販売されたコンポーネントが企業の既存のすべての機能の実行を可能にするかどうかを決定するだけです。結果として、企業は次のような要素のコンテキストでのみ検討できます。

  • 整理されている、
  • 特定のチームを構成し、
  • ビジネス目的で使用されます。

VATからの現物寄付を除く

アートに準拠。 5秒商品およびサービスに対する税金に関する法律(以下、VAT法といいます)の1ポイント1は、国内の領土内での商品の供給および検討のためのサービスの提供に対して税金を支払う必要があります。アートに準拠した商品の配送による。 7秒VAT法の1は、所有者として商品を処分する権利の移転として理解されています。次に、アートで言及されているサービスを提供することによって。 5秒1ポイント1(VAT法第8条(1)に規定)は、自然人、法人、または法的人格のない組織単位に対するサービスを意味すると理解され、その意味の範囲内で商品の供給を構成するものではありません。芸術の。 7。

同時に、アートの規定。 VAT法の6は、特定の活動がVAT法の規定の適用範囲から除外されることを示しています。これらの活動はここに示され、原則として課税対象の活動のグループに属し、商品の有料配達またはサービスの有料提供の範囲に含まれます。ただし、適切な除外により、企業または企業の組織された部分の現物寄付はVATの対象になりません。したがって、これらの活動は、検討対象の商品の供給または検討対象のサービスの提供に分類される場合がありますが、課税の対象にはなりません。

アートに準拠。 VAT法の6ポイント1では、法の規定は、企業または企業の組織された部分の販売には適用されないものとします。アートで規定されているVAT法の適用の除外。法の6ポイント1は、商品の供給の概念と同一視されている活動を対象としており、その主題は企業または企業の組織化された部分です。

会社の寄付はVATの対象ではありません。多くの場合、一部のビジネスオブジェクトは除外されます。上記の状況は、2018年2月28日の個別判決で国税情報局長によって説明されています。

「商取引の実務では、企業の一部の要素が販売取引から除外される状況があります。ただし、そのような場合でも、企業の有形および無形のコンポーネントは、特定の要素のセットだけでなく、セットと呼ばれるように相互に関連付ける必要があります。したがって、売却される資産が、特定の活動の継続を可能にする方法で、さまざまなコンポーネント間の機能的関係を維持することが決定的です。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

企業の貢献-所得税による課税

アートで表現された一般的なルールによると。 9秒個人所得税法(以下、PIT法)の第1条では、アートに記載されているものを除き、すべての種類の所得が所得税の対象となります。 21、52、52a、52c、および税法の規定に従って徴税が放棄された所得。

ここで、パートナーシップへの現物寄付の場合、その寄付は、それを行う人の財産の増加にはつながらないことに注意する必要があります。自然人は、貢献の見返りとして、会社の損益に参加する権利と、会社の経営と活動への影響に関連する権利のみを受け取ります。このような権利は、重要な価値はありますが、株主が社内で完了したベンチャーへの参加に関連するすべての権利と義務を取得するため、購入価格を構成するものではありません。

対価処分の状況について話すためには、現物寄付からなる給付と引き換えに、支払人は購入代金の支払いという形で給付に相当する額を受け取る必要があります。このような状況は、現物でのオブジェクトの販売の場合に発生します。したがって、パートナーシップに現物で寄付することは、納税義務を生じさせるものではなく、税の中立的な法的行為です。

同様の見解が2017年6月2日に国税情報局長によって表明され、次のように述べられています。

「法定人格のある会社に現物出資を行う場合、定款または定款に定められた拠出額の金額で、そのような拠出がない場合、納税者は収入を生み出します。同様の性質の別の文書で指定されている寄付の価値-会社に現物で寄付を行う場合、この価値がこの寄付の市場価値よりも低いか、寄付の価値が法令、合意、または同様の性質の他の文書の場合、収益は、株式または株式の拠出と引き換えに取り上げられた現物出資の対象の所有権の譲渡日に決定されたかかる拠出の市場価値です。ただし、企業または企業の組織部分の形で現物での寄付と引き換えに株式を取得する場合、この所得は、個人の第21条(1)(109)に従い、課税の対象外となります。所得税法」。

結論として、現物での寄付は税制上中立です。ただし、企業の種類で寄付を行う場合は、譲渡された資産が実際に大陸法の意味で企業の条件を満たしているかどうかを確認する必要があります。