パートナーシップからのパートナーの離脱後の固定資産の減価償却

Webサイト

パートナーが会社から撤退した場合によくある結果は、会社で使用されている固定資産の受領です。前のパートナーが特定の資産を別の会社で使用したい場合、どのように進めますか?パートナーが会社を辞めた後の固定資産の減価償却がどのようになるかについて回答します。

パートナーシップ-特徴

パートナーシップには次のものが含まれます。

  • シビルパートナーシップ、
  • 一般的なパートナー関係、
  • パートナー企業、
  • リミテッドパートナーシップ、
  • 限られた株式会社パートナーシップ。

大陸法パートナーシップの確立と運営の原則は、アートで規制されています。民法の860-875、および商事会社のコードの他の会社の。

最も単純なタイプのパートナーシップは大陸法パートナーシップであるため、それに基づいて、パートナーシップからのパートナーの離脱に関連して受け取った固定資産の減価償却の問題について説明します。

大陸法パートナーシップとは何ですか?

会社を登録するには、少なくとも2人のパートナーが必要です。これらのパートナーは、自然人と法人の両方である可能性があります。会社自体には法人格がありません。つまり、そのパートナーはすべての権利と義務の対象です。民法パートナーシップの財産は、すべての財産との義務について連帯して責任を負うパートナーの共同財産です。原則として、利益における各パートナーのシェアは等しいですが、締結された契約は別の方法で提供する場合があります。

大陸法パートナーシップは、書面によるパートナーシップ契約に基づいて確立されます。契約を公証する必要はありません。起業家は経済活動の範囲内でパートナーシップのパートナーであるため、大陸法パートナーシップは起業家のステータスを持っていません。

民法パートナーシップを運営する主な利点には、設立コストが比較的低いこと(規制では最低株式資本が指定されておらず、自己負担にはパートナーの現金、知識、または専門家のスキルが含まれる場合があります)、および税収と経費の元帳、または記録された収入の一括払いに基づいており、したがって、簡素化された会計の使用-より安価で要求が少ない。

大陸法パートナーシップからのパートナーの撤退

大陸法のパートナーシップは、その活動の範囲からパートナーシップを構成するパートナーに至るまで、多くのレベルで時間とともに変化する可能性があります。大陸法パートナーシップの構造の変更の非常に頻繁なケースは、パートナーシップからのパートナーの離脱です。 アート869秒民法の1
「会社が無期限に締結された場合、各パートナーは、会計年度末の3か月前に参加を終了することにより、会社から撤退することができます。」 大陸法パートナーシップへのパートナーによる参加の終了は、特定のパートナーの一方的な意思の宣言に基づいて行われます。この宣言の宛先は、パートナーシップの残りのパートナーである必要があります。

アートに準拠。 871段落。民法第1条では、会社から撤退するパートナーは、会社に持ち込んだものを返還し、パートナーシップ契約で指定された寄付の価値を現金で支払うものとします。さらに、アートに準拠。 871段落。 2は、発生したパートナーに、発生したパートナーが会社の利益に参加した比率に対応する、すべてのパートナーの貢献の価値を差し引いた後に残っている共同財産の価値の一部を金銭で支払うものとします。

アートに従ってご注意ください。 24秒PIT法の3aでは、パートナーが市民パートナーシップから撤退した場合、パートナーがそのようなパートナーシップから撤退した日付の時点で資産のリストが作成されます。リストには、とりわけ、次のデータ:序数、資産名、取得日、初期値、減価償却方法、減価償却費の合計、会社への参加のために株主に支払われた現金の金額。会社。 大陸法パートナーシップからのパートナーの撤退に起因する資産の受領は、個人所得税の対象ではありません。事業活動からの収入を証明する義務は、特定の固定資産が、パートナーが退職した月の翌月の初日から数えて、6年の満了前に元のパートナーの私有財産から売却された場合にのみ発生します。会社。 特定の資産を受け取った大陸法パートナーシップを離れるパートナーは、他の会社、特に個人事業主の固定資産の登録にそれらを入力する権利があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

パートナーが会社を辞めた後の固定資産の減価償却

個人事業主の固定資産に特定の資産を含めることを希望し、以前はパートナーであった市民パートナーシップで固定資産を構成していた起業家は、固定資産に含める方法に特別な注意を払う必要があります。登録。記事に基づく。段落1の22g。 14cとアート。パラグラフ1の22時間。個人所得税法第3c条では、市民パートナーシップからのパートナーの撤退に関連して固定資産を受領した場合、固定資産の初期値は、この登録簿(リスト)に指定された初期値で決定されます。会社、および減価償却費の償却は、現在の償却額を考慮し、会社が採用している減価償却方法を継続することによって行われます。

実際には、これは、パートナーがシビルパートナーシップから脱退した結果として受け取った資産を個人事業主の固定資産の登録に導入する場合、シビルパートナーシップで開始された減価償却を継続する必要があることを意味します。

上記の見解は、2013年7月2日の個別解釈で提示されました。 ITPB1 / 415-394 / 13 / WM、ビドゴシュチュの税務署長は次のように述べています。

「この将来のイベントでは、アートの規定。段落1の22g。パラグラフ1の14cおよび22h。現在の減価償却費の償却を考慮した、減価償却の継続に関する個人所得税法の3c。つまり、申請書に記載されている活動に基づいて申請者に譲渡された固定資産の初期値は、民法パートナーシップの登録簿(リスト)に指定された金額で決定され、申請者は減価償却費を償却する必要があります。現在の償却額を考慮し、彼がパートナーであった会社のシビルパ​​ートナーシップによって採用された減価償却方法を継続します。 記事の固定資産の減価償却についての詳細:
サービスおよび住宅用建物の分類と減価償却-知っておく価値がある
機械および装置の1回限りの減価償却
10,000ズウォティを超える価値のある固定資産の1回限りの減価償却
固定資産の1回限りの減価償却

例1。

大陸法パートナーシップのパートナーであるWojciech氏は、会社を辞めることを決定したため、固定資産である生産機械を受け取りました。彼は個人事業で機械を使用するつもりです。資産はどのように評価および減価償却されるべきですか?

Wojciech氏は、固定資産台帳に生産機械を導入し、パートナーが会社から撤退した日の資産リストに基づいて、大陸法パートナーシップ内で行われた減価償却費を考慮して、その初期値を決定する必要があります。会社。

要約すると、民法パートナーシップからのパートナーの撤退と、このアカウントで会社で使用されている資産の受領は、さらなる売却に課税する義務や、他社の固定資産の紹介。