中小企業の9%CIT-法的形態のビジネスを変更する価値はありますか?

サービス税

2019年以降、中小企業のCITは9%という非常に有利な変化がありました。法人所得税の低税率が非常に魅力的で、事業形態の変更を検討している一部の起業家は、個人事業主を会社に転換する最終決定を下す前に、そのような解決策の結果を詳細に分析する必要があります。あなたのビジネスを閉じて会社を登録する価値があるかどうかを確認してください!

より低いCIT率

中小企業の法人所得税率の引き下げは、2019年にこれまでに導入されたより有利な税制改正の1つです。

個人所得税法改正法、法定所得税法等に基づき、法人所得税率を従来より9%低く設定しました。

現在、CITは次のとおりです。

  • 19%,
  • 9%-少額の納税者と新興企業向け。

法人所得税の支払いを義務付けられている事業体の減税率-2019年のCITは、以下の条件を満たす事業体によって適用される場合があります。

  • 2018年、特定の事業体は「少額納税者」のステータスを持ちました。これは、総売上高がポーランドズウォティに換算して120万ユーロを超えなかったことを意味します(2018年10月1日にポーランド国立銀行が発表した平均為替レート)。変換に使用する必要があります);
  • 特定の課税年度における資本以外の源泉からの純利益は、課税年度の最初の営業日にポーランド国立銀行が発表した平均為替レートに従ってポーランドズウォティに換算された120万ユーロを超えませんでした(結果はPLN 1,000に切り上げ)。

減額された9%のCIT率は、事業を開始する新しい納税者によっても適用される場合があります。減額された15%の税率で適用されるのと同じ免除が適用されます。つまり、元の資本は、企業またはその組織部分の形でパートナーによって提供されました。 10000ユーロの価値を持つ資産。企業が現物で作られた事業体、その組織化された部分、またはその後10,000ユーロを超える価値のある資産、すなわち、この事業体を設立した年および翌年の株式資本の増加の一部として、好み。 19%の法人税率は、資本源からの収入に引き続き適用されるべきです。 所定の課税年度中に、減額されたCIT率の適用の制限を超えた場合、次のCIT決済期間から19%を支払う必要があります。

CIT納税者は誰ですか?

法人所得税は、以下の事業体によって支払われます。

  • 法人;
  • 組織内の資本会社;
  • 法人格のない組織単位。ただし、法人格のない会社は除きます。
  • ポーランドの議席または取締役会との限定的な株式会社パートナーシップ。
  • 税資本グループ;
  • 法人格を持たず、他国に登記上の事務所または管理委員会を置いている会社。その国の規制に従って法人として扱われ、その国では、どこで稼いだかに関係なく、すべての所得に対して課税されます。

何を変更できますか?

中小企業の法人所得税率を下げることは、とりわけ、個人事業主を経営する一部の人々が、より低い税金を支払うという好みから利益を得るために、中小企業を清算して会社を設立するという事実につながる可能性があります。

導入された規則の変更の結果は、法人の優遇所得税率を利用するために、大企業をより小さな事業体に分割することになるかもしれません。

現在の個人所得税の税率と比較した法人所得税の税率のこのような大きな違いはまた、立法者によって導入された変更が競争と社会正義の原則に違反していないかどうかという疑問を提起します。たとえば、税率(17%または32%)またはフラットタックス(19%)に従って税金を支払う自営業者は、税率が9%の企業よりも競争力が低い場合があります。税金の節約のおかげで、前述の企業は会社の開発、新技術、生産プロセスの改善、最新の機械設備などに資金を投資することができます-単独の所有権を実行している起業家はそのような機会を得ませんでした。

中小企業の9%の引用-法的形態を変更する価値はありますか?

個人所得税の税率と比較して法人所得税の税率が非常に低いため、個人事業主を経営している一部の人々は、事業の法的形態の変更を検討しています。法人所得税の規定の対象となる事業体に関してポーランドで最も人気のある法的形態は、有限責任会社(有限責任会社)です。

会社の法的形態の選択とその可能な変更は、起業家次第です。決定はよく考えられ、さまざまなタイプのソリューションの長所と短所の詳細な分析に基づいて行う必要があります。法人税率の引き下げは、法的形態を個人事業から会社に変更する唯一の理由ではありません。会社を経営することは、商業帳簿に基づいて、すなわち会計法を使用して決算を行う必要があることに留意する必要があります。完全な会計は、起業家と会社の取締役会全体が果たすべき一連の義務です。

会社を登録したい適切なパートナーを見つけることも難しいかもしれません。何よりも、それは信頼できる人物であると同時に、私たちがビジネスで達成したいのと同じ目標に進取的で集中している必要があります。会社を経営するということは共同の意思決定を意味するので、会社を登録する前に会社の発展の方向性について詳細に話し合う必要があります。設立前であっても、パートナー間の事前の取り決めの欠如は、しばしばその崩壊をもたらし、事業の清算は、履行されるべき多くの義務であるだけでなく、例えば、実地棚卸。